巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

チンアナゴは体の3分の2が尻尾! すみだ水族館にチンアナゴの生態を聞く

2017年11月10日 11時00分 ライター情報:辺川 銀

すみだ水族館では11月11日の「チンアナゴの日」を記念し、11月10日~11月12日の3日間、「ゆらゆらチンアナゴまつり2017」を開催します。
展示する水族館の数もずいぶん増え、今や大人気のチンアナゴですが、その詳しい生態は意外と知られていません。いったいどのような生き物なのでしょうか……?


種類で顔付きが異なるチンアナゴ


現在世界中で生息が確認されているチンアナゴの仲間は28種類。すみだ水族館では「チンアナゴ」「ニシキアナゴ」「ホワイトスポッテッドガーデンイール」の3種類が展示されています。

黒いドット模様がオシャレな「チンアナゴ」。

シマシマ模様が人気の「ニシキアナゴ」。

体の側面に並ぶ白いドットが個性的な「ホワイトスポッテッドガーデンイール」。

模様の違いが目につきやすい3種のチンアナゴですが、顔付きも種類ごとに少し異なります。「チンアナゴ科、チンアナゴ属」のチンアナゴは全体的に丸い顔をしていますが、「チンアナゴ科、シンジュアナゴ属」に当たるニシキアナゴやホワイトスポッテッドガーデンイールは、口先が少しとがっているという特徴があります。

ちなみに、すみだ水族館では3種類のチンアナゴがひとつの水槽で暮らしているのですが、彼らは基本的に同じ仲間同士で集まって生活しています。自分がどの種類に当たるのかということをきちんと理解しているんですね。


ゆらゆら揺れる動きのヒミツ


砂から顔を出し、ゆらゆら揺れる動きが「癒される」と評判のチンアナゴ。この揺れる動きは彼らにとって、食べ物を探すための動きでもあり、そして異性へのアピールでもあるとされています。

ウナギやアナゴの仲間は、その多くが嗅覚に頼って生活をしているため、鼻が長く発達しているのが一般的。しかしチンアナゴの場合、嗅覚にはそれほど頼ることなく、視覚情報に頼ることが多いので、鼻はそれほど発達しておらず、代わりに目が大きな顔付きに進化したのだと言われています。

視力に頼っているため、餌を探す時には周りをキョロキョロと見回す必要があります。これが揺れる動きの理由なんですね。

そんな目が良いチンアナゴですが、実は水槽の中から、外にいる人間たちの姿も見えているそうです。そのため水族館に来てから日の浅い個体は、人間を警戒してなかなか砂から顔を出しません。けれど段々慣れてくると「水槽の外の人間は危ないものではない」と理解し、まったく警戒しなくなるのだとか。

自分たちにとって危険なものとそうでないものを学習できるあたり、見かけによらず賢いのかもしれませんね。


砂に隠れた部分はどうなっているの?


「砂に埋まっている部分はどうなっているんだろう……?」水族館でチンアナゴを見たことのある方なら、きっと一度は抱く疑問ではないでしょうか。体の大部分を砂の中に隠して暮らすチンアナゴですが、根気強く観察していると、ごくまれに全身の姿を見せてくれることもあります。

その様子がこちら。

こんなに長いんです!

チンアナゴが巣穴から出て来るのは、移動するためというのが主な理由ですが、時には餌を追いかけるのに夢中になるあまり、つい全身が抜け出してしまうなんてこともあるそうです。

関連キーワード

ライター情報: 辺川 銀

世に出ない声を世に出したい。ライターしながら小説を書いています。

URL:辺川銀と天国の塔

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    穴子丼にしたら旨いのかな

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!