巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

「ここが最後のコンビニ」看板の先にあった秘湯「梅ヶ島温泉郷」

2017年12月4日 10時00分 ライター情報:古屋江美子
昨年末、静岡市内にある「ここが最後のコンビニです」という看板がSNSで話題になっていたのをご存じだろうか。
一体どこへ通じているのか?


「最後のコンビニ」はファミリーマートだった


実際に現地へ行ってみると、静岡駅から車で30分ほどの場所にある「ファミリーマート静岡牛妻店」に、その看板はあった。

周囲はのどかな雰囲気だが、ド田舎というわけでもない。だが地元の人によればこの先はコンビニはもとよりスーパーもなく、個人商店やガソリンスタンドがあるくらい。実際に県道27号線を北上していくと、ほどなくして家もまばらになり、安倍川沿いを走るのどかな一本道になった。
一級河川の安倍川

車はほとんど走っていない。そもそも、場所によってはすれちがうのもやっとの道の細さ。
細い道ではゆずりあいの気持ちで

写真では見えづらいが、川には吊り橋もかかっている

最後のコンビニの先には秘湯があった


最後のコンビニから1時間ほど走ると「梅ヶ島温泉郷」についた。静岡駅からは40km強の距離。
梅ヶ島温泉郷は静岡市の北部、南アルプスの麓に位置し、「梅ヶ島温泉」「梅ヶ島新田温泉」「梅ヶ島金山温泉」「梅ヶ島コンヤ温泉」の4つの温泉の総称だ。
「梅ヶ島コンヤ温泉」にある3軒の宿のひとつ「旅館 大野木荘」。pH10.25の強アルカリ温泉が気持ちいい

「梅ヶ島新田温泉」の日帰り湯「黄金の湯」には手湯が。登山に来る外国人も多いそうで、さりげなく英語の併記もアリ

梅ヶ島温泉郷の先は、峠を越えればもう山梨県。実はこのあたり戦国時代は武田家の領地だったそうで、梅ヶ島温泉郷はいわゆる“信玄の隠し湯”のひとつだったとか。残念ながら現在は数年前の台風の影響で山梨県側が通行止めになっており、行き来はできなくなっている。
梅ヶ島温泉で見かけた看板

梅ヶ島温泉唯一の店は50年の歴史ある名店


今回は梅ヶ島温泉郷を構成する4つの温泉の中でも、一番北に位置する「梅ヶ島温泉」に泊まった。宿泊した「おもいでの宿湯の島館」をはじめ、民宿・旅館が10軒あるだけの小さな集落だ。
秘湯感漂いまくり!

「おもいでの宿 湯の島館」の客室のひとつに武田菱を発見!同宿の4つのお風呂は「風」「林」「火」「山」という名前で、つるつるなめらかな湯浴み心地

梅ヶ島温泉唯一のポスト、バス停、自販機がそろう場所は、宿「梅薫楼」の前。

梅ヶ島温泉唯一の店は、お食事と日帰り温泉の店「湯元屋」。来年で営業50年だという。リピーターが多い秘湯の名店だ。
「7割がおなじみさん」だと笑う店主

人気メニューは黒いスープの静岡おでん

大自然をのぞむテラス席もある

手作り感あふれるお土産用のお菓子のパッケージにもそそられる

関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    過去に泊まったことがありますがマジで温泉以外何もありませんw 時間の流れがいつもの1/2に感じられて河原でぼーっと水の流れを見つめていたら思い詰めた人に見えたらしく畑仕事のおじさんに心配されました。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!