巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

全国のご当地パンから懐かしの給食サンプルまで! 全日本パンフェスティバルへ行ってきた

ライター情報:古屋江美子
晴れた寒い冬の朝、パン好きが朝から長い行列をつくっていた。12月9日に東京国際フォーラムで行われた「2017全日本パンフェスティバル」だ。
いざ、会場へ!

オシャレな人気店から大手メーカー、さらにご当地パンまで、有名パン屋さんが一堂に会するパン好き垂涎のイベント。会場内はパン好きたちの熱気でいっぱいだった。
おいしそうなパンが多くて目移りする

富士山と桃のかぶりもので目立っていた山梨県パン共同組合

「昆布パン」「クリームボックス」……ご当地パン勢ぞろい!


気になったものを端からチェックしてみたので一気に紹介したい。
まずは、さわや食品(富山県)の「昆布パン」。実は富山県は世帯あたりの昆布の消費量が日本トップクラスで、昆布を使った商品も多い。食べてみると、昆布の主張が想像以上に強く、磯風味が豊か。富山県産米粉を使ったモチモチ生地もクセになる味わい。
「昆布パン」

同じさわや食品の「コーヒースナック」も、懐かしいパッケージにそそられた。コーヒー味の食パンにコーヒークリームをサンドしたもので、想像より甘さ控えめの大人テイスト。50年前からパッケージやレシピはほぼ同じだとか。
「コーヒースナック」

コーヒーモノではほかに「ESPLAN(エスプラン)」(神奈川県)の看板商品「珈琲あんぱん」も美味。エスプレッソを混ぜたこしあんと生クリームが入っている。「食べるアイス カフェ・オ・レ」というキャッチフレーズだが、まさにそんな味わいだった。
「珈琲あんぱん」

福島県の「クリームボックス」は、最近コンビニでの扱いもあり、人気も知名度も上昇中。郡山発祥のご当地パンで、ボックス型に見えるパンの上にミルク風味のクリームがのっている。酪王カフェオレを使用した「カフェオレボックス」もある。
「クリームボックス」と「カフェオレボックス」

グルッペ・石渡食品(静岡県)の「みしまフルーティキャロット」はユニークなニンジン型。
「みしまフルーティキャロット」。土から生えているイメージで陳列

三島人参を使ったフルーティなゼリーをダイス状にカットして中に入れてある。三島市内では地産地消の観点から給食で出ることもあるそうだ。

「高岡製パン」(熊本県)が出品していたのは、ストレートなネーミングにそそられる「ネギパン」。生地にネギが練り込んであり、中にはかつおぶしをマヨネーズなどで味付けたソース入り。食べていると、なんとなくお好み焼きを思い出した。
「ネギパン」。段ボールのままというかっこつけない陳列スタイルがいい

富士製パン(静岡県)の「ようかんぱん」は、つぶあん・こしあん・バニラクリームという和洋3つの甘みがひとつになった55年の歴史を誇る地元のソウルフード。やさしい甘さで子どもウケも抜群。
富士山やサッカー、お茶など静岡名物が描かれた「ようかんぱん」

姉妹品には10~2月限定の「白いようかんパン」も。さくさくのクロワッサン生地に白ようかんをかけてあり、中にはくるみ入りの白あんが入っている。
「白いようかんぱん」。平成生まれのハイブリッドパン

関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2017年12月19日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!