巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

映画「セッション」の主人公を擬似体験 「ロールプレイングシネマ」って?

2018年3月13日 14時00分 ライター情報:天谷窓大
名作映画の世界観を街なかに再現し、観客が物語の主人公となってその世界を旅できる……!
そんな新感覚の体験参加型映画イベントがあるのをご存じですか?

その名前は、「ROLE PLAYING CINEMA(ロールプレイングシネマ)」。昨年12月2日に第1回が東京・高円寺で行われ、約100人の参加者が詰めかけました。

映画と同じシーンを街中に再現?!




題材となったのは、2014年公開のアカデミー賞受賞作「セッション」
ジャズドラマーをこころざす主人公・アンドリューが、鬼教官・バディの理不尽な仕打ちに耐えながら悪戦苦闘を乗り越え、成長していく物語です。

この「セッション」の主人公・アンドリューになりきって映画の世界を疑似体験できる、というこのイベントなのですが……。
劇中の見どころとなっている「しごき」シーンも体験できてしまう、とか。
映画本編では映像を見ていても思わず「うわぁ」と声を上げてしまうようなキツい場面なのですが、はたして軽い気持ちで参加して大丈夫なんでしょうか。痛いのはイヤだなぁ……。

参加者たちは高円寺の街中を歩いて移動。
これまた現実感のないいでたちのガイドさんと日常そのものの高円寺の風景が混ざり合って、現実のような空想のような不思議な気分になっていきます。



映画のシーンを体験できる「チェックポイント」は、街中にあるホテル。
外からは想像もできないぶん、余計にワクワクが高まります。



劇中の会話を体験




中に入ると、主人公が家族たちと会話するシーンが体験できるコーナーがスタート。
映画の設定に忠実なキャラクターを演じる役者さんたちと本番さながらの会話が楽しめます。

劇中のオーバーなリアクションまで忠実に再現してくれます。



どんなことを話しても映画の世界観に絡めて返してくれるので、いつしか参加者の動きもだんだんと芝居がかっていき、まるで即興のお芝居を見ている気分に。



その様子を横で眺めるのがなんとも楽しい(笑)


関連キーワード

ライター情報: 天谷窓大

毎日を少しでも面白く過ごしたいイベントプロデューサー。
天真爛漫な通勤のワザを競う集団「エクストリーム出社協会」代表、焼き芋専門フードフェス「やきいもテラス」プロデューサー。

URL:Twitter:@amayan

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!