巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

5

80年代の化粧品広告で一世を風靡したアノ美女に会いにいく

2018年10月3日 12時00分 ライター情報:野崎 泉

80年代、化粧品メーカー「ノエビア」の広告で一世を風靡した鶴田一郎氏のイラストレーション。バブル期にメディアや街を彩ったスタイリッシュな女性像に、あー、この顔!と懐かしく思う人も多いのでは? 黒髪に切れ長な目元のクールビューティーは、ヴィヴィッドな色彩とともに、いまなお洗練された大人の女性への憧れをかきたててくれる。京都にこの鶴田式美女が一堂に会するギャラリーがあるらしい……ということで行ってきた。

西本願寺近くのビル2階にあり、参拝帰りにも寄りやすい立地。階段を登っていくと、鶴田氏の絵から抜け出したような女性(奥様)が対応してくださった。

ギャラリーに一歩足を踏み入れると、妖艶な美女たちが「ようこそ」とずらり。
奥様によれば、ギャラリーのオープンは2013年9月。鶴田氏は30年以上、東京でマスメディアなどを中心に活躍した後、10年ほど故郷の九州で活動していたが、還暦を迎えるにあたって「歴史と伝統のある街でもう一度、新たなチャレンジを」と一念発起。
着物のデザインを手がけたり、懇意にしているギャラリーがあったりと、昔から縁があった京都へ生活の拠点ごと移したのだそう。現在も商業イラストレーションの仕事は続けているが、メインの活動は作家、アーティストとしての個展となっているという。京都に拠点を移してからは、哲学の道近くにある「安楽寺」で個展をするなど、さまざまな出会いが生まれているそうだ。


鏡でデッサンの狂いや手の角度を確認しながら描く



ギャラリー奥にアトリエがあり、見学させていただいた。こちらがダンディーな鶴田氏。少女時代から憧れていた絵の作者に、実際にお会いしてお話ししているのが不思議な気がした。
作業台の正面に鏡があるのは、下絵を映して狂いがないかを確認したり、手を描くときに自分の手を映して参考にしたりするからだそうだ。画材はアクリル絵具を用い、まず下絵を描いてから、拡大コピーしたものをキャンバスに写していく。なめらかに仕上げるため地塗りを10回以上繰り返しているそうで、至近距離で見ても筆の跡をまったく残さない美しい画肌に感動!

来年、ニューヨークで個展を開催する予定で、そこで展示する大作や貴重な下絵も。アメリカでは家そのものが大きいので、大きい絵が好まれるのだそうだ。アメリカで一定の評価を得ることで、これまで支えてくれたファンに恩返しをしたい、という気持ちもあるそう。
国内でも、「初めてアート作品を自分で購入したのは鶴田さんの美人画でした」というコレクターも多いとか! 男性ファンにとっては、高嶺の花的な女性をうっとりと見つめる気持ちなのかもしれない。


関連キーワード

ライター情報: 野崎 泉

歴史やストーリー、何らかのバックグラウンドのあるものに魅かれます。古本、レトロ建築、喫茶などをテーマに大人の乙女道を追求中。

URL:http://www.underson.com/bibliomania/

「80年代の化粧品広告で一世を風靡したアノ美女に会いにいく」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    想像と少し違っていましたが、変なひとじゃなくてよかった!(笑)

    6
  • 匿名さん 通報

    昔ノエビアのカレンダーにこの絵が使われてたので切り抜いて大切にもってます。なつかしいな➰(^.^)

    6
  • 匿名さん 通報

    ノエビアといえば、子どもの頃みたCMで、フレディ・マーキュリーの曲が使われてたり、 女性のパイロットが出てきたり、かっこいい女性のイメージがあります。 鶴田さんのイラストレーションそのものですね!

    6
  • 匿名さん 通報

    ノエビア双美人シリーズ・・・懐かしい

    4
  • 匿名さん 通報

    鶴田さん、黒い丸眼鏡がオシャレ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!