今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「つるピカハゲ丸」のむらしんぼの壮絶借金生活「コロコロ創刊伝説」で完済を目指す

2016年4月18日 09時50分 ライター情報:北村ヂン
「コロコロコミック」を卒業した大人のための漫画雑誌として話題を呼んでいる「コロコロアニキ」

そんな「コロコロアニキ」で、コロコロ黎明期の編集者、漫画家たちの熱い物語を描いている連載「コロコロ創刊伝説」(コミックス第1巻発売中)の作者・のむらしんぼ先生インタビュー第3弾。

最終回となる第三回は担当編集の石井さんも加わって、「コロコロ創刊伝説」創作裏話から、のむら先生の借金問題まで、ディープすぎる話を訊いた!
第一回第二回

●ああ、漫画家でよかった


──そろそろ、今回の「コロコロ創刊伝説」の話をしたいと思うんですが、やっぱり一番驚いたのは、のむら先生が今、まさかの借金生活を送っているという……。「つるピカハゲ丸」の時に相当、儲かっていたでしょうに!
『コロコロ創刊伝説』より

のむら マンションを買ったのにバブルがはじけちゃったり、離婚したりとか色々あったんですけど……お金って残らないもんですねぇ〜。

ただ、お金は苦しかったけど、漫画家としての精神は鍛えられたし、それはそれで幸せは感じていましたけどね。

「ハゲ丸」から離れて色んなことにチャレンジしていた時に改めて思いましたよ、「ああ、漫画家でよかった」って。

それに、編集者がずっとオレを捨てないでいてくれたのが嬉しかったです。……まあ、捨てられかかった時もありましたけど(笑)。そんな時に、石井さんから「コロコロ創刊伝説」の話を頂いたんですよ。

──その辺の話は漫画の中でも描かれていますが、本当に「ハッキリ言って古いんですよね〜」なんて言われたんですか?

のむら あれは漫画的な表現で、直接「古い」とは言われてませんけどね。

石井 しんぼ先生も長年コロコロで色々連載してきましたけど、さすがにもう60歳ですし、どうしても読者との乖離があって……。ギャグが今の子どもに通用しないという、つらい時期があったんですよね。

のむら まあ自分でも分かってるんですよ。「超熱ゲームキッド!!クリエイ太」を描いていている頃も、「あんな太い眉毛のヤツはいない」「最近の流行りじゃない」とか思われてたんだろうなって。

「コロコロ創刊伝説」をはじめる前も、別のギャグ漫画の企画を温めていたんですけど、石井さんに「その企画は全部捨ててください」って言われて。

石井 そこまで厳しく言ってませんよ!

のむら 「忘れてください」くらいだったかな(笑)。「それもいいんですけど、しんぼさんにしか描けないコロコロの歴史を描いてみませんか?」って。

ライター情報

北村ヂン

群馬県出身。ライター&イラストレーター。珍奇でバカでサブカルチャーなものが主な取材対象。「デイリーポータルZ」や「日刊サイゾー」などで執筆中。

URL:Twitter:@punxjk

「「つるピカハゲ丸」のむらしんぼの壮絶借金生活「コロコロ創刊伝説」で完済を目指す」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!