今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

「山田孝之のカンヌ映画祭」6話神展開。河瀬直美にめっちゃ叱られてからの「私とやる?」

2017年2月17日 10時00分 ライター情報:たまごまご
「カンヌとかどうでもいいんじゃない?」
映画監督・河瀬直美、山田孝之をバッサリ。
よかった。
彼の暴走にやっとストップがかかった。
山田孝之たち、映画監督・河瀬直美に叱られまくるの回

ワナビーの勘違い


山田孝之がカンヌ映画祭でパルムドールになるために映画を撮る……というコンセプトのドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』。
テレビ東京系で金曜深夜0時52分放映。テレビ東京オンデマンドでも見られる。
どこまでフィクションか不明。山田孝之らが映画に関わる人の話を聞き、試行錯誤する。

山田孝之が作ろうとしているのは、猟奇殺人犯エド・ケンパーを芦田愛菜(撮影時・小学生)が演じる映画。
カッコよさげなパイロットフィルムを撮り、脚本がないまま出資者を探し、カンヌに下見。
ふわっふわに浮ついている山田孝之。
監督の山下敦弘まですっかり乗り気だ。
制作する会社名は「合同会社カンヌ」。タイトルロゴはフランス語。出資者はガールズバー社長。

カンヌを下見に行った彼は、映画関係者にパイロットフィルムを見せて回る。
ロカルノ国際映画祭に関わるオレリー・ゴデは「カンヌでは多くの作品が出品されている上に、お祭り騒ぎの熱狂に飲み込まれやすく、良作が埋もれてしまう恐れがあります」と言う。
なんだか、山田の映画が埋もれちゃうかもね、というように聞こえる。

プロデューサーのヴァンサン・ワンは「結局いい監督というのは、自分の企画を信じ続けられる人です。その企画が実現するかしないかは関係ありません」と言う。
信じて突き進んでいる山田孝之っていいんじゃないの、と励ましてくれいるかのよう。

『やさしい人』の監督ギョーム・ブラックは「最も大事なのは、撮りたい場所を一つと、撮りたい俳優を一人見つけることです」という。
芦田愛菜という才能を見つけているのだから、こりゃいけるんじゃね?という気持ちになる。

山田孝之も山下敦弘も、背中を押してもらったかのような顔。

違う。
帰国後、河瀬直美が彼のやり方を叱責したことで、全部ひっくり返される。
「お祭り騒ぎの熱狂」に飲み込まれているのは、山田孝之のことだ。
「自分の企画を信じる」というのは作品への信念であって、山田孝之のようなカンヌ映画祭への思いじゃない。
「撮りたい俳優」としての芦田愛菜。山田孝之は「意表をつくアイテム」として扱っているだけだ。

ミーハーワナビープロデューサー、山田孝之。
本当は誰にも認められていなかった。

河瀬直美のメッタ斬り


河瀬直美監督作品『殯の森』。カンヌ国際映画祭グランプリ受賞

河瀬直美はカンヌと非常に関わりの深い監督。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

「「山田孝之のカンヌ映画祭」6話神展開。河瀬直美にめっちゃ叱られてからの「私とやる?」」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    あの番組を本気にしてる人っているのね・・

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!