「下町ロケット」新春ドラマ特別編はまるで大人向けの戦隊ヒーロー物だった。農業ロボット、発進!

「「下町ロケット」新春ドラマ特別編はまるで大人向けの戦隊ヒーロー物だった。農業ロボット、発進!」へのコメント( 6 件)

記事を見る
  • 匿名さん 通報

    >劇中の的場や氷室~ように、責任を他人に転嫁~問題を放置~しっぺ返しを食らう~現実~。昨年も、日本を代表する大企業~さまざまな組織で問題が噴出~ドラマ特別編はそれに対し~警鐘を鳴らし まさにその通り❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >トレーラー車内のコントロールルームからロボットに指示を与えるさまは、まるで戦隊ヒーロー物のようでかっこよかった。   戦隊物の合体ロボットの操縦室みたいだと❓

    2
  • 匿名さん 通報

    >殿村をバカにしてきた~稲本(岡田浩暉)は予想を誤り、台風上陸の直前に~稲刈りを始め~泣きついたのが~殿村だった。殿村は~稲本の気持ちを汲むと~恨みを水に流し、彼に~コンバインを提供~ 人が好過ぎる❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >結局、台風は北陸地方を直撃するのだが、そこには佃製作所の元経理部長の殿村(立川談春)が農業を営む新潟県燕市も含まれた。  自然に振り回されますなあ!

    1
  • 匿名さん 通報

    >当然ながら佃は拒まざるをえなかった。佃以上に社員の反発は強く、技術開発部の立花(竹内涼真)にいたっては、もし伊丹の要求を飲むなら会社をやめるとまで言い出す。  やれやれダゼ!

    2
  • 匿名さん 通報

    >本編の最終回で描かれたように、島津は佃製作所に移ると、技術開発部の面々と一丸となってシャフトを改善し、問題を克服~その際、佃の勧めできちんと特許をとっていたことが、じわじわと効力を発揮 逆転の流れ❗

    2
全ニュースの新着コメントを見る

もっと読む

「下町ロケット」に関する記事

「下町ロケット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「下町ロケット」の記事

次に読みたい「下町ロケット」の記事をもっと見る