広瀬すず主演映画『一度死んでみた』脚本家の苦悩「人がこっちを見てくれないと不安なんです」

3月9日(月)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、3月20日(金)に公開予定の広瀬すず主演映画『一度死んでみた』の脚本を担当している、クリエイティブディレクター・CMプランナーの澤本嘉光が出演し、CMと映画の作り方の違いについて語った。

広瀬すず主演映画『一度死んでみた』脚本家の苦悩「人がこっちを見てくれないと不安なんです」

ソフトバンクの白戸家シリーズや、東京ガスのガス・パッ・チョ!シリーズなど、数多くのヒットCMを手がけてきた澤本が脚本を担当する映画『一度死んでみた』。広瀬すずがデスメタルバンドのボーカルを演じるという異色のコメディーで、番組MCの吉田尚記アナウンサーも出演している。

今作の脚本を書くにあたって澤本は、CMの作り方と映画の作り方との大きな違いを感じたという。

吉田尚記アナウンサー:事前に映画『一度死んでみた』を観させていただいたんですけど、この映画、CM的な作り方というか、短めのコントがずっと続く感じなんですよ

澤本:人がこっちを見てくれないと不安なんですよ。脚本を書いてる時に、隙あらば何か入れようとしてしまって……。でもそれで脚本をスタッフに見せると「うざい」って言われて

吉田:そうなんですか!?

澤本:「ずっと笑い続けると気持ち悪いからちょっと抜け」って言われたりしました

吉田:今作が映画の脚本3作目ですけど、過去の作品でも言われたんですか?

澤本:2本目(2014年公開の映画『ジャッジ!』)はそうでしたね。「映画はずっとハイテンションでいると気持ち悪くなるから、息を抜くところを作ってくれ」って言われました

吉田:でも、それができるのがすごいんですけどね

広瀬すず主演映画『一度死んでみた』脚本家の苦悩「人がこっちを見てくれないと不安なんです」

CMと映画の作り方の狭間で苦悩した末に、脚本を完成させた澤本。

また今作について澤本は、葬式シーンを最も書きたかったと語った。「知人が『自分が自分の葬式に出られないのは悔しい』と言っているのを見て、それを面白いなと思った」ことから、その経験を作品に反映させたのだという。

radikoのタイムフリーを聴く:https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20200310000000

あわせて読みたい

広瀬すずのプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「広瀬すず + 人気」のおすすめ記事

「広瀬すず + 人気」のおすすめ記事をもっと見る

「広瀬すず + Instagram」のおすすめ記事

「広瀬すず + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「本田翼」のニュース

次に読みたい関連記事「本田翼」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 広瀬すず CM
  2. 広瀬すず Instagram
  3. 広瀬すず ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。