今田耕司 小劇場でダウンタウンを観てのめり込んだ「芸人の世界」
拡大する(全5枚)

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(6月17日放送)にお笑い芸人の今田耕司が出演。ダウンタウンの2人をはじめとしたこれまでの人との出会いについて語った。

今田耕司 小劇場でダウンタウンを観てのめり込んだ「芸人の世界...の画像はこちら >>

ダウンタウン 左から松本人志浜田雅功 1988年5月21日 ラフォーレ原宿 写真提供:産経新聞社

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。6月13日(月)~6月17日(金)のゲストはお笑い芸人の今田耕司。5日目は、人との出会いについて

黒木)今田さんは、楽をしようと思ってこの世界に入られたのですか?

今田)そうですよ

黒木)なぜ楽ができると思ったのですか?

今田)学校の先生に「ここに行かせなさい」と言われて全寮制の学校に。そして……

黒木)(寮から)家出して。

今田)よく知っていますね。そこまでご存じなのですか。

黒木)夜間の高校に行かれて。そして、吉本のいまのNSCに行かれるわけですけれども。

今田)夜間高校の3年生~4年生になるころというのは、「さあ、仕事はどうしよう」というときです。そろそろ手に職つけるしかないのですが、僕は肌が弱いのですよ。お寿司屋さんに修行に行こうと思っていたのですが、洗い物ができない。

黒木)お肌が弱くて。

今田)そのときにアルバイトの先輩に「こんな学校があるらしいぞ」といまのNSCである「吉本総合芸能学院」のことを聞いたのです。まだお笑いの学校がメジャーじゃなかったのですがチラシをいただいたのです。学校に行ってみて、面白い人たちがたくさん集まっているなかで、「いけそうならそこからテレビに出て、もしかしたらお金持ちになって成功するかも」と考えたのですよ。「ひょうきん族」も観ていて、大人が遊んでいるだけでお金もらえて、何ていい仕事だと。楽しそうだなと。


この記事の画像

「今田耕司 小劇場でダウンタウンを観てのめり込んだ「芸人の世界」」の画像1 「今田耕司 小劇場でダウンタウンを観てのめり込んだ「芸人の世界」」の画像2 「今田耕司 小劇場でダウンタウンを観てのめり込んだ「芸人の世界」」の画像3 「今田耕司 小劇場でダウンタウンを観てのめり込んだ「芸人の世界」」の画像4
「今田耕司 小劇場でダウンタウンを観てのめり込んだ「芸人の世界」」の画像5