第33回東京国際映画祭(2020)「ジャパニーズ・アニメーション部門」編成の狙いと意義【藤津亮太のアニメの門V 第64回】

       
10月31日から11月9日まで「第33回東京国際映画祭」が開催される。昨年から東京国際映画祭にはジャパニーズ・アニメーション部門が設立され、本年は同部門のプログラミング・アドバイザーを僕が担当することになった。
なので今回は、今年のジャパニーズ・アニメーション部門の編成の狙いについて解説をしたいと思う。

そもそも東京国際映画祭がアニメに力を入れ始めたのは、2014年に遡る。この時は「庵野秀明の世界」と題して、アマチュア時代の作品も含めたレトロスペクティブが行われた。
以降、「ガンダムとその世界」(2015)、「映画監督 細田守の世界」(2016)、「映画監督 原恵一の世界」(2017)、「アニメーション監督 湯浅政明の世界」(2018)と基本的に作家のレトロスペクティブを中心に企画が組まれてきた。

そしてジャパニーズ・アニメーション部門が設立された昨年は「THE EVOLUTION OF JAPANESE ANIMATION/VFX」と題して、戦後のアニメーション映画史の転換点といえる3作品(『白蛇伝』『エースをねらえ!』『AKIRA』)の上映と、日本アニメ映画の到達点として新作・準新作を5作品(『海獣の子供』『きみと、波にのれたら』『天気の子』『プロメア』『若おかみは小学生!』)の上映を行った。
さらに昨年からジャパニーズ・アニメーション部門の中で「VFX/特撮」も扱うという立て付けになり、4K化された『ウルトラQ』も4本上映された。

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガンダム」に関する記事

「ガンダム」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンダム」の記事

次に読みたい「ガンダム」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。