「SPY×FAMILY」アーニャ役・種崎敦美、なぜ「意外」と言われた?“多彩な声色”を紐解く
拡大する(全5枚)
種崎敦美さん
現在放送中のTVアニメ『SPY×FAMILY』にて、アーニャ・フォージャー役を務めている種崎敦美さん。『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』のダイ役、『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』のエンポリオ・アルニーニョ役など多くのアニメに出演する人気声優です。

演技力に定評のある種崎さんですが、実は『SPY×FAMILY』のキャスト発表時に江口拓也さん(ロイド役)、早見沙織さん(ヨル役)の配役が「ぴったり!」と絶賛された一方、「アーニャの声優さんが意外すぎる」という意見が多かったのです。

それが、放送がスタートするやいなや、SNSには「アーニャかわいすぎ」「声がぴったり!」「声がついてますます好きになった」という声が多数。さらに、種崎さんのキャスティングを“意外”と捉えていた人たちのほとんどが「種崎さんってこんな声も出せるの!?」と驚きました。

今回、そんな種崎さんの出演作を振り返り、なぜ多くの人が「意外」と思ったのか。理由を探っていきましょう。

■種崎敦美ってどんな人?

大分県出身の種崎さんは、声優になるために上京。デビュー後(2012年)に『となりの怪物くん』でさっそくメインキャラクターの夏目あさ子役を務めました。

その後も『魔法使いの嫁』の羽鳥チセ役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の五十嵐響子、『約束のネバーランド』のムジカ役など、着々と話題作へ出演し、メインキャラクターを担当。また

この記事の画像

「「SPY×FAMILY」アーニャ役・種崎敦美、なぜ「意外」と言われた?“多彩な声色”を紐解く」の画像1 「「SPY×FAMILY」アーニャ役・種崎敦美、なぜ「意外」と言われた?“多彩な声色”を紐解く」の画像2 「「SPY×FAMILY」アーニャ役・種崎敦美、なぜ「意外」と言われた?“多彩な声色”を紐解く」の画像3 「「SPY×FAMILY」アーニャ役・種崎敦美、なぜ「意外」と言われた?“多彩な声色”を紐解く」の画像4
「「SPY×FAMILY」アーニャ役・種崎敦美、なぜ「意外」と言われた?“多彩な声色”を紐解く」の画像5