中島愛、May’nとの間には「言葉にしなくとも分かり合える“何か”があった」 佐々木史朗社長と「マクロス」の“これから”も語る【インタビュー】
拡大する(全5枚)
佐々木史朗社長、中島愛さん
2021年11月10日に幕張イベントホールで開催された、約11年ぶりとなる『マクロスF』単独ライブ『マクロスF ギャラクシーライブ 2021[リベンジ]~まだまだふたりはこれから!私たちの歌を聴け!!~』の模様を収録したBlu-rayが、6月22日(水)に発売されます。

「ゴ~~ジャス盤」は、当ライブキービジュアルを用いた、金の箔押しやキラキラした質感がまさに“ゴ~~ジャス”なボックスに収納。さらにバックステージパス風ネックストラップや「娘ドラ◎2022+LIVE SELECTION」CDも同梱。娘ドラ◎のクレジットには、『マクロスF』の主人公・早乙女アルトの名前も記載されており、どのような内容になるか期待が高まります。

また「限定盤」にも、ライブフォト収録ゴ~~ジャスブック(ゴ~~ジャス盤と同等のもの)が同梱されるほか、こちらも銀の箔押し三方背スリーブケース&デジパックと豪華な仕様に。11月9日の幕張イベントホール公演・日替わり曲や、11月23日の神戸ワールド記念ホール公演・日替わり曲のほか、メイキングやインタビュー映像も収録されます。

この度、そんなBlu-rayの発売を記念して『マクロスF』ランカ・リー役の中島愛さんと、『マクロス』シリーズの制作に長年携わる、フライングドッグ代表取締役社長・佐々木史朗さんにインタビュー。ライブの思い出や裏話、Blu-rayの楽しみ方、そして今後も続いていく『マクロス』に抱く展望も語っていただきました。

この記事の画像

「中島愛、May’nとの間には「言葉にしなくとも分かり合える“何か”があった」 佐々木史朗社長と「マクロス」の“これから”も語る【インタビュー】」の画像1 「中島愛、May’nとの間には「言葉にしなくとも分かり合える“何か”があった」 佐々木史朗社長と「マクロス」の“これから”も語る【インタビュー】」の画像2 「中島愛、May’nとの間には「言葉にしなくとも分かり合える“何か”があった」 佐々木史朗社長と「マクロス」の“これから”も語る【インタビュー】」の画像3 「中島愛、May’nとの間には「言葉にしなくとも分かり合える“何か”があった」 佐々木史朗社長と「マクロス」の“これから”も語る【インタビュー】」の画像4
「中島愛、May’nとの間には「言葉にしなくとも分かり合える“何か”があった」 佐々木史朗社長と「マクロス」の“これから”も語る【インタビュー】」の画像5