アイリスオーヤマ、4K対応液晶テレビ事業に本格参入 新製品はリモコンで音声操作

アイリスオーヤマ、4K対応液晶テレビ事業に本格参入 新製品はリモコンで音声操作
アイリスオーヤマが11月20日から「音声操作 4K対応液晶テレビ」を順次発売する
 アイリスオーヤマは11月13日、都内で会見を開き、「なるほど機能」を搭載した4K対応液晶テレビの新製品として「音声操作 4K対応液晶テレビ」7機種を11月20日から順次発売し、テレビ事業に本格参入すると発表した。

 新製品は名称の通り、音声で操作できる4K対応液晶テレビ。ユーザーが声をかけると、高精度の音声認識回路とマイクを内蔵した音声操作リモコンが聞き取った指示内容を赤外線コードに変換し、信号としてテレビに送り操作する仕組み。スマートスピーカー使用時と比較して、音声認識から操作までの応答が早く、手軽に操作することができるとしている。
 発表会に登壇した家電事業部の石垣達也統括事業部長は、「新製品を音声で操作する際には、スマートスピーカーが不要で、ネット環境も設定も必要ない。シンプルに機能を絞りながらも便利に使える製品を目指した」と説明。スマートスピーカーの抱えていた課題をクリアしつつ、まずは音声操作の便利さを浸透させる狙いがあるという。
 音声操作モードを起動するには、「ねえ、るか」または「るか、てれび」と声をかける。これに続き、あらかじめ設定された27種類の操作ワードを音声操作リモコンに向かって言うと、電源のオン・オフやチャンネル変更、音量の調節などを手軽に操作することができる。
 ラインアップと税別の実勢価格は、フロントスピーカーモデルの55V型「55UB28VC」が13万4800円、49V型「49UB28VC」が12万4800円、43V型「43UB28VC」が10万4800円。ベゼルレスモデルの65V型「LT-65B628VC」が18万8000円、55V型「LT-55B628VC」が12万8000円、49V型「LT-49B628VC」が11万8000円、43V型「LT-43B628VC」が9万9800円としている。なお、フロントスピーカーモデルを11月20日、ベゼルレスモデルを12月5日に発売する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年11月13日のIT記事
「アイリスオーヤマ、4K対応液晶テレビ事業に本格参入 新製品はリモコンで音声操作」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    アイリスオーヤマより家電ブランド企業はサンヨー、シャープ、ソニー、三菱電機ですよ!

    1
  • 匿名さん 通報

    アイリスオーヤマの家電も本当に全く売れていない

    1
  • 匿名さん 通報

    アイリスオーヤマや東芝のテレビは全く売れていないですから本当に

    1
  • 匿名さん 通報

    アイリスオーヤマのテレビは全く売れていないから東芝のテレビパソコンはあったけど全く売れていなかった

    1
  • 匿名さん 通報

    アイリスオーヤマのテレビも皆本当に全く売れていない

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。