Winny開発者・金子勇の死を悔やむ、識者たちの見解…ネットをめぐる問題提起再び

※各業界の最新ニュースをお届けする新ニュースサイト「Business Topic」がオープンしましたので、ぜひご利用ください。

Winny開発者・金子勇の死を悔やむ、識者たちの見解…ネットをめぐる問題提起再び
 ファイル共有ソフト「Winny」を開発した、プログラマーの金子勇氏が亡くなったとの情報が6日深夜、Twitterで拡散された。当初は情報元が不明だったことから、ネットでは「デマではないか」と疑う声も多く見られた。ところが、金子氏の担当弁護士である壇俊光氏が7日、訃報を伝える記事をブログに投稿。金子氏が6日午後6時55分、急性心筋梗塞のために42歳で死去したことが公式に伝えられた。

 この訃報を、朝日新聞デジタル版は8日配信の記事で、金子氏の簡単な経歴とともに紹介している。記事によると、金子氏は2002年にWinnyを開発し、無料で公開。ユーザーの支持を集めるとともに、ソフト開発の実績を評価され、東京大学院の助手にも採用されている。

 その一方で、違法コピーを可能にしたとして、04年に著作権法違反幇助に問われ、一審の京都地裁では有罪判決を受けた。しかし、二審の大阪高裁では逆転無罪判決が言い渡され、11年に最高裁で無罪が確定していた。

 このほか、日本経済新聞と毎日新聞も8日の朝刊で金子氏の訃報を伝えたが、扱いはごく小さなものだった。しかし、ネットでは多くの著名人が金子氏の早過ぎる死を惜しんでいる。いたずらに著作権侵害を助長したのではないか、あるいは全世界的に広まったSkypeのように、ビジネスシーンでも大きな可能性があるP2Pの技術をアンダーグラウンドなものにしてしまったのではないか……などの大論争を巻き起こした金子氏だが、追悼の言葉には、その取り組みやプログラマーとしての才能を高く評価する声が並んだ。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2013年7月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら