山田ルイ53世が語る「東大に入れる」と言われた少年が、挫折してお笑い芸人になったワケ」

 2008年、「ルネッサ~ンス!」とワイングラスを鳴らす“貴族漫才”で大ブレイクしたお笑いコンビ髭男爵。そのひとり、山田ルイ53世は現在、文筆業でも大活躍中である。数々の一発屋芸人たちの裏側に迫ったルポルタージュ『一発屋芸人列伝』(『新潮45』に連載、2018年に単行本化)は、「第24回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を受賞。さらに、今年1月に出版されたエッセー集『一発屋芸人の不本意な日常』(朝日新聞出版)も好評を博している。

 そんな山田には、知る人ぞ知るもうひとつの顔がある。関西の名門・六甲学院中学に入学しながら、そこで大きな“挫折”を経験しているのだ――。

 兵庫県神戸市灘区にある同校は、1937(昭和12)年にカトリック修道会のイエズス会によって設立された、中高一貫の有名進学校。関西から全国にその名を轟かせる灘(偏差値77、兵庫県神戸市)、東大寺学園(偏差値73、奈良県奈良市)などには及ばないながらも、中学入試における最新偏差値は堂々の66。高校の進学実績は東京大学に10人、京都大学に18人、大阪大学に26人という数字を誇る。【偏差値はシリタス調べ。進学実績は同校発表の2019年版】

 一方で、世は学歴ブームである。先行き不安な現代社会のなせるわざか、テレビでは『東大王』(TBS系)なるクイズ番組が人気を博し、ホリエモンこと堀江貴文は『ドラゴン堀江』(AbemaTV)で東大を再受験し、“東大脳”“ハーバード式”を謳う多くの本が書店に並んでいる。そしてその波は、お笑い業界にも及んでいる――。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年7月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「芸人」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。