ジャニーズ圧力問題、公取委にのん(能年玲奈)“干され問題”も調査求める機運

 ジャニーズ事務所が民放テレビ各局に対し、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を起用しないように“圧力”をかけたという疑惑をめぐって、公正取引委員会が同事務所に注意を与えていたことが明らかになり、衝撃が広がっている。そして、7月18日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)でMCの加藤浩次が臆せずに持論を展開し、多くの称賛が集まった。

 今回、公取委が同事務所を注意したのは、テレビ局への圧力があったとすれば独占禁止法違反につながる恐れがあるからだ。同事務所は公取委の動きが報じられた17日に公式サイトを更新し、「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません」と反論している。

 一方、18日の『スッキリ』で加藤は「大手の事務所を独立したタレントは何年かテレビに出れなくなるっていうのは、僕はテレビ見ている方も気づいている方はいると思う。僕らもこういう仕事をさせてもらってて、そういうのが暗黙にあるっていうことがわかってる」と明言。その上で「この業界全体がこれから新しく変わっていく、次に向かっていくんだっていうきっかけになればいいなと僕は思ってます」と語った。

 同日朝、『とくダネ!』(フジテレビ系)や『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でもこの問題が報じられたが、自身の見解を発したのは『スッキリ』の加藤のみだったという。はっきりと声を上げた加藤に対し、インターネット上では「ジャニーズ事務所への忖度がささやかれている状況でよくぞ言ってくれた!」「芸能界の第一線に身を置きながらこれだけ自分の意見を口にする姿勢は立派だと思う」「ジャニー社長が亡くなった直後というタイミングを考えると、いよいよジャニーズ帝国崩壊という感じがする」といった声が寄せられている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年7月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら