松本人志はビジネスモデルを生む天才…吉本興業“松本ファースト”の本当の理由

 謹慎処分となっていた11人の芸人が8月19日から劇場復帰するという“謹慎解除”を発表し、問題解決の第一歩を踏み出した吉本興業。その最大の“功労者”として、ダウンタウン松本人志の名が挙がるのは当然のことだろう。雨上がり決死隊宮迫博之ロンドンブーツ1号2号田村亮による記者会見の直後の7月21日には、自身のレギュラー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)を生放送に切り替え、歯に衣着せぬ吉本批判をさく裂させてみせた。吉本上層部にも掛け合い、「こんな取締役の体制が続くなら吉本を辞める」と宣言した極楽とんぼ加藤浩次をも説得し、“加藤の乱”をものの見事に収めたともいわれている。

 今回の闇営業騒動における松本人志の“功績”を、吉本興業に近いある芸能関係者は次のように明かす。

「今回の闇営業騒動は、『現在の吉本興業は“松本興業”なのだ』ということを、図らずも世間に知らしめることとなりました。吉本の大崎洋会長と岡本昭彦社長が松本さんの言いなりだということは、多くの雑誌やワイドショーでも報じられていましたが、島田紳助さんが引退して以降、この体制はより強化されたように思いますね。明石家さんまさんはもちろん吉本の重鎮ですが、吉本の“松本興業化”に嫌気がさして、退社をほのめかしていたほど。やはり、赤坂のワンルームで黒電話2台から始まったという東京吉本が、ここまでお笑い帝国化したのはダウンタウンの功績以外の何物でもないですから。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松本人志 Amazon prime
  2. 松本人志 twitter
  3. 松本人志 ダウンタウンなう
松本人志のプロフィールを見る
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年8月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「松本人志 + ダウンタウンなう」のおすすめ記事

「松本人志 + ダウンタウンなう」のおすすめ記事をもっと見る

「松本人志 + ワイドナショー」のおすすめ記事

「松本人志 + ワイドナショー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高杉真宙」のニュース

次に読みたい関連記事「高杉真宙」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。