「捕鯨」の是非、日本人と欧米人の議論が“延々とかみ合わない”理由…根本的な論点のズレ

「与ひょうは、女房つうとの約束を破り、ふすまを開けて機を織っている姿をこっそり見てしまいます。そこには、自らの毛を抜いては生地に織り込んでいる一羽の鶴の姿。正体を見られてしまったつうは、引き留める与ひょうのもとを去り、悲しく鳴きながら空へ帰っていくのでした」

 これは、「鶴女房(鶴の恩返し)」を題材とした戯曲『夕鶴』(木下順二作)の最後の場面です。しかし、クラシック音楽の生まれたヨーロッパでは、このような話はあり得ないのです。

「お姫様が、大切にしていた手まりを森の泉に落としていまいました。そこに現れたカエルが『僕と一緒のお皿で食事をして、同じベッドで寝てくれるなら、取ってきてあげるよ』と言います。お姫様がそれを受け入れて、カエルが手まりを取ってくれたにもかかわらず、お姫様は『カエルと寝るなんて気持ち悪い』と約束を守りません。王様の命令で、しぶしぶ同じ寝室に入ることになるのですが、やはり気持ち悪くなり、お姫様はカエルをつかんで壁に叩きつけます。しょんぼりと帰ろうとするカエルを見てかわいそうになったお姫様は、カエルを抱き上げてキスしたところ、魔法が解け、カエルは美しい王子に変わり、その後、2人は結婚し幸せに暮らしました」

 これは、グリム童話『カエルの王様』の物語です。おわかりになったと思いますが、動物の姿に変えられていたとしても、やはり人間同士が結婚するのが、ヨーロッパのお話です。それに引き換え、日本のお話では、人間に姿を変えていても動物と結婚しています。これは、東アジア全体に見られる考え方だそうです。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年9月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。