JR東海が2027年開通を目指すリニア中央新幹線だが、開通の遅れが懸念されている。南アルプストンネル工事による大井川の流量問題で、静岡県が着工を認めていないからだ。

「名古屋までの開業が遅れるようなことになれば、大阪までの開業にも影響を及ぼしかねない」

 JR東海の金子慎社長は8月7日の記者会見で、静岡工区が未着工になっている問題に危機感を示した。東京と名古屋を約40分で結ぶリニアのルートは山岳部が中心で、中央・南アルプスにトンネルを掘って走行する。静岡県内を通るのは北部の山間部のみ。駅もできない。約25キロの南アルプストンネルのうち静岡工区は約9キロにすぎないが、地表からトンネルまでの深さである「土かぶり」が最大1400メートルもある。膨大な土砂や大量の地下水との闘いとなる難工事が予想される。

 南アルプストンネルの両端に当たる山梨県は15年、長野は2016年に工事が始まった。工期はいずれも10年。静岡工区も17年にJR東海とゼネコンの間で契約が結ばれた。すぐに工事に着手し、26年11月に完了する予定だった。ところが静岡県が「待った」をかけた。

トンネル工事で大井川が毎秒2トン減流する

 双方の対立はJR東海が13年9月、「掘削工事の影響で、大井川が毎秒最大2トン減流する」との予測を公表したことにさかのぼる。これに敏感に反応したのが、大井川を生活用水や農業用水、工業用水を水源とする下流の自治体だ。毎秒2トンは下流7市63万人の水利権量に匹敵する。大井川はたびたび渇水し、17年に5~10%の取水制限が計80日超に及んだ。毎秒2トンの減流は生活を脅かす死活問題だ。