伊藤忠、時価総額で三菱商事を逆転、初の商社首位…三菱は今期、利益トップを死守する

 トヨタ自動車の豊田章男社長の決算発表会見や6月11日の株主総会での“決意”を聞いていて、思ったことがある。豊田社長は「2021年3月決算の営業利益5000億円は最低守らなきゃいけない基準であると社内に伝えている」と語った。「コロナがどうなろうと営業利益5000億円は死守する」という決意の表明である。

 決算の数字、特に利益というのは経営トップの意思の発露なのだ。この文脈で三菱商事vs.伊藤忠商事の利益トップ争いの帰趨を占うことにした。

 三菱商事の垣内威彦社長は16年4月に社長に就任した。16年3月期決算で南米チリの銅事業会社アングロ・アメリカン・スール株式の減損2710億円を計上したのが影響し、史上初の最終赤字(1493億円の赤字)に転落した。当然、利益首位の座を伊藤忠商事に明け渡した。屈辱ともいえる巨額赤字の決算を経て、垣内氏は社長の椅子に座ったわけだ。そして、「今度、首位に返り咲いたら、二度と首位の座は譲らない」と宣言した。コミットメントである。

 当然の流れだが、三菱商事は17年3月期決算で伊藤忠から総合商社リーグの最終利益トップの座を奪還した。「首位に返り咲いたら二度と譲らない」のだから、21年3月決算でも三菱商事が首位を堅持することになるのだろう。社長の公約なのだから、何があっても守り抜くのだろう。商社担当のアナリストは言う。

「21年3月期決算でも三菱商事が風上に立つ。だから伊藤忠の岡藤さん(正広会長兼CEO)は辞められない。さらに長期政権になる」


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「伊藤忠商事 + 株価」のおすすめ記事

「伊藤忠商事 + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

「伊藤忠商事 + 決算」のおすすめ記事

「伊藤忠商事 + 決算」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱商事」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱商事」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月18日の経済記事

キーワード一覧

  1. 伊藤忠商事 株価
  2. 伊藤忠商事 決算

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。