のちに三井家“大番頭”となる三野村利左衛門、小栗上野介忠順の中間となる

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第25回(8月22日放送)では、三井の大番頭・三野村利左衛門(みのむら・りざえもん/演:イッセー尾形)が登場した。非常に喰えない人物で、この後もしばしば登場する。

 三野村利左衛門の出自は定かではない。出羽庄内藩(山形県鶴岡市)の武士・木村家に生まれたが、実父は放浪。幼少で孤児となり、江戸で丁稚奉公に出された。その真面目な奉公ぶりが認められ、旗本・小栗上野介忠順(おぐり・こうずけのすけ・ただまさ/演:武田真治)の家に中間(ちゅうげん/雑務担当の奉公人)として奉公する。その後、砂糖商・紀ノ国屋(江戸中期の富商・紀伊国屋文左衛門とは赤の他人)に見込まれて婿養子となり、美野川利八(みのかわ・りはち)を襲名した。

 その頃、江戸幕府は長州征伐などで出費がかさみ、御用金を富商にたびたび仰せつけていた。そして慶応2(1866)年2月、三井家は、150万両(現在の価値に換算するとだいたい2000億円)という法外な御用金の上納を言い渡された。

 さすがの三井家も、そんな大金は手許になかった。むしろ、呉服店の不振、火事による店舗焼失などで経営は危機的な状況にあったという。しかし、無下には断れない理由があった。安政6(1859)年の横浜開港にともない、三井家は貿易関係の公金出納を命じられたのだが、その金を10万両ほど「浮き貸し」(公金を他者に貸し付けて利子を得ること)していたのだ。頭脳明晰の勘定奉行・小栗上野介はそれに気付き、内々に調査した上で、懲罰的に御用金を課したという。