明石家さんまの“衰え”が業界内で話題に…話をオトせず、ゲストが愛想笑い、トーク制止

 最近、明石家さんまの様子がおかしいという。日本のお笑い界を30年以上牽引してきた“お笑い怪獣”に何が起きているのか?

「まずアドリブが出ない。そして、ゲストのトークを自分でオトせない。さらに致命的なのは、そもそも話を理解できないのです」(テレビ局関係者)

 そんな不甲斐ない状態が、冠番組である『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で頻繁に見られるというのだ。多くの芸人が憧れるという“お笑いの戦場”で、御殿の主(あるじ)本人が精彩を欠いていることになる。たとえば、2月19日放送の同番組で、こんな一幕があった。

 この日は、新入幕の力士・照強(てるつよし)が初出演した。彼は「強くなったら、今までうっとうしいなと思ってたことが、ありがたみに感じちゃうときがある」と、出世することでものの見方が変わったことを明かした。このまま聞き続ければ、おそらく“いい話”が待っている。ゲストも一様に「へぇ」と感心していた。

 だが、さんまひとりだけは理解していないようで「えっ、何が?」と割って入ったのだ。そこで、照強はあらためて「今までウワッと思ってうっとうしいと思って聞いた部分が……」と言い直すはめに。そして、さんまの冷たい「えっ、何が?」に朝日奈央も「急に……怖い怖い。今、怖かった」と戦慄していた。よゐこ濱口優も、「今メチャメチャ、ええ話ちゃいます? 割って入るなんて、性格疑われますよホンマに」とドン引き。一方のさんまは「ええ話でオープニング飾ろうとするから」と言い訳したが、照強は「たまにはいいじゃないですか」と反抗していた。

「自分の望む展開にならないと冷たくなる傾向は昔からありますが、最初の『えっ、何が?』という反応には、照強が何を話しているのか瞬時に理解できなかったフシがあります」(同)

 また、アドリブが利かなかったり、とっさに言葉が出てこなかったりすることもあるという。3月5日の同番組で、参議院議員の三原じゅん子が事務所スタッフとドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)について話していたというエピソードのときのこと。三原は、25歳の秘書から「劇中に出てくるような不良学生はマンガだけの世界ですよね」と言われたことを明かした。三原といえば、過去にドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の不良役で人気が急上昇した経緯がある。

 これにアイドルグループ・りんご娘のリーダーの王林もビックリしていたため、三原が彼女に「バリバリって言葉知ってます?」と質問し、王林が「博多弁ですか?」と聞き返した。それに対して、すかさず「それ言うならバリカタや!」とツッコミを入れたのは陣内智則。さんまは、ただ笑うだけだった。

「おそらく、これまでのさんまなら抜群の瞬発力で何かしらツッコミを入れているでしょう。しかし、今はその瞬発力が衰えているのです。ツッコミができないときは、手に持つ指示棒を机の上で叩いて笑うしぐさをして逃れています」(同)

●さんまのトークに愛想笑いが続出?

 2月26日の『御殿』では、映画『カメラを止めるな!』(アスミック・エース=ENBUゼミナール)のトボけた女プロデューサー役で名を馳せた女優・どんぐり(本名・竹原芳子)が初出演した。

 もともと彼女は裁判所に勤めていたものの、50歳を機に若い頃から憧れだった吉本興業のお笑い養成所「NSC」に入ったという異色のキャリアを持つ。その興味深い半生を語り、そこから『カメ止め』の出演に至る話をしようとした瞬間、さんまは「もういいです」とシャッターを閉めてしまったのだ。これには、バイきんぐ小峠英二も「せっかく温まってきましたよ今、急にぶったぎっちゃうから」と戸惑いを見せていた。

 また、モデルのトラウデン直美にさんまが「(今後)女優さんになってくとかないんですか?」と質問した際、彼女が「どうなんでしょうね」と今後はまだわからない旨を答えると、さんまはいきなり「知らんがな! 今さら相談されても」と返した。これにも、小峠は「聞いといて『知らんがな』はないでしょ」、ケンドーコバヤシも「わからないんですよ、だから」、出川哲朗からは「彼女からすれば(さんまさんは)情緒不安定ですよ」とツッコミが続出した。

「かつてはテンポのあるトークでうまいラリーができていたさんまですが、それができなくなりつつあります。ひとりの話を広げていくことができないため、とにかくほかのゲストに『あなたは?』『あなたの場合は?』と話を振ることが多くなってきました。また、かつては新キャラを発掘してスターに育て上げる手腕にも定評がありましたが、最近の『御殿』は大久保佳代子などの芸人や丸山桂里奈など、さんまのイジリがなくても最初からおもしろい人材を何組も入れて、援護射撃を増やそうとしています。また、最近はさんまのトークに対するゲストの愛想笑いが痛々しいのも気になります」(同)

“お笑い怪獣”の名をほしいままにしてきた、さんま。時代遅れの怪獣にならないことを祈りたいものだが……。
(文=編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年3月18日の芸能総合記事
「明石家さんまの“衰え”が業界内で話題に…話をオトせず、ゲストが愛想笑い、トーク制止」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    タレント業を引退した方がいいんじゃない?60代なので、この先あまり持ちそうにないのでは?まぁSMAPのいないジャニーズがおかしくなっているのはわかるよね?そっちの幹部になるといい♡

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビートたけし」のニュース

次に読みたい関連記事「ビートたけし」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュース

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。