坂本慎太郎、オリヴァー・シム、JUMADIBA、柴田聡子。CINRA編集部が選ぶ今週のおすすめ楽曲
拡大する(全1枚)

坂本慎太郎、オリヴァー・シム、JUMADIBA、柴田聡子。C...の画像はこちら >>



Text by CINRA編集部



毎週更新のCINRAプレイリスト「Songs We Dance To」。2022年5月23日週更新のプレイリストのなかでも編集部員が特におすすめしたい楽曲を紹介します。



前作『できれば愛を』から6年ぶりとなる坂本慎太郎の新作『物語のように (Like A Fable)』より。心をほぐすようなリラックスしたムードによって、この世界から失われた本当になんでもない気の抜けた一日にトリップさせられるような聴き心地。繰り返される「物語のように」という言葉は、たとえば旅や恋、生きてることを感じる脳内麻薬が出るような体験、そういったいまここにはないドキドキを思い出させてくれるよう。とはいえそこに妙な湿っぽさはなく、ドライに、だがソフトにトばされていく。音楽を聴いて心が浮き立つことそのものを表現しているような曲だと思う。



The xxのオリヴァー・シムのソロ曲第3弾。先行曲“Romance With a Memory”“Fruit”と通じるメランコリックさを湛えたポップソングだが、歌詞はさらにパーソナルな内容に踏み込み、曲のなかで自身が17歳の頃からHIVとともに生きていることを初めて公表した。ゲストとしてHIV/AIDSアクティビストでもあるBronski Beatのジミー・ソマーヴィルが参加。「守護天使(オリヴァーのコメントより)」を登場させるかのような美しいボーカルを披露している。既発3曲を含むオリヴァーの初アルバム『Hideous』は9月に発売。今年の『カンヌ国際映画祭』でプレミア公開された同タイトルの短編ホラー映像作品の日本公開も期待したい。