乃木坂46 5期生7名、ファンの前に初登場 初ライブパフォーマンス
拡大する(全1枚)
「乃木坂46 5期生お見立て会」より

 乃木坂46が23日、公式YouTubeチャンネル「乃木坂配信中」の生配信番組『乃木坂46時間TV』にて、「乃木坂46 5期生お見立て会」を実施。5期生の7名がファンの前に初登場した。

【写真】「お見立て会」にて初登場した5期生の7人

 乃木坂46には5期生として11名のメンバーが加入。オーディションには8万7852人の応募があり、日本のグループアイドルオーディション史上最多を記録した。今回は、井上和(いのうえ なぎ・17歳)、一ノ瀬美空(いちのせ みく・18歳)、菅原咲月(すがわら さつき・16歳)、小川彩(おがわ あや・14歳)、奥田いろは(おくだ いろは・16歳)、中西アルノ(なかにし あるの・18歳)、五百城茉央(いおき まお・16歳)の7名が登場した。なお、冨里奈央(とみさと なお・15歳)は新型コロナウイルス濃厚接触者のため、3名は学業のため欠席となった。

 ひとりずつ登場すると、5期生は五百城の「みなさんはじめまして、せ~の」という声に合わせて「乃木坂46・5期生です」と元気よくあいさつ。自己紹介のトップバッターを務めた五百城は、マグロ好きをアピールし「私はいつかマグロ解体ショーをしたいです」と意気込み。名前がめずらしいので読み間違えられることも多いが覚えてくれるとうれしい、と話し「でも、たくさんメンバーもいるので、最初は5期の中の5という漢字がつく女の子、と覚えてくれたらうれしいです」と呼びかけた。特技披露の際には剣道着で登場し、剣道の素振りと書道を披露した。

 一ノ瀬は「よく好きな食べ物が『渋いね』と言われるのですが、私の理想のアイドル像は松村沙友理さんです」と手でりんごのポーズを作ってアピール。「私の名前は美空なので“39”にちなんで、応援してくださるたくさんのファンの方に“サンキュー”をたくさん届けます」と思いを口にし、福岡県出身ということで「好きになってくれんとすねるけん」とキュートな博多弁を披露した。特技披露の場面では、3年前に辞めたというピアノを選択。「緊張してちょっと間違えすぎちゃった」と振り返りながらも『トルコ行進曲』を見事に弾き上げた。

 井上は“和(なぎ)”という名前から、よく変なあだなをつけられてきたと明かし、自分で描いたイラストを見せながら「大体うなぎとか、ネギとか、ヤギとか…」と告白。「最後に“ぎ”がつくと大体私のあだ名にされていました」といい「これからは“乃木坂46の井上和”なので、“のぎのなぎ”と覚えてくれるとうれしいです」と笑顔を見せた。特技では石膏像やマスクをつけた自画像などの本格的なデッサンを披露し「みなさんに笑顔になってもらえるような人になりたいです」と意気込んだ。

 小川は、自分の名前であいうえお作文を披露し、その中で「あなたの妹のような、お姉ちゃんのような、友達のような、もしかしたら娘のような、親しみのあるアイドルになりたいです」とコメント。特技ではそろばんとクラリネットの演奏を披露し、クラリネットではダンスつきで乃木坂46の楽曲「ジコチューで行こう!」をパフォーマンスした。

 3ヵ月ほど“某コーヒー店のアルバイト”をしていたという奥田は、店員と客の1人2役で接客を再現。夢は「みなさんの心を動かすパフォーマンスをすること、みなさんの心を“いろは”色に染めること」だと自身の名前を使ってアピールした。また“鳩が近くにいるときに威かくすると100%飛び立つ”という特技があるそうで、歩きながら素早く両手を上に上げ“威かく”をして、会場の笑いを誘った。ギターでの弾き語りでは伸びやかな歌声を披露した。

 菅原は「初対面の人に『おとなしそうだね』って言われるのですが、実はそんなことなくて、かなりの甘えん坊です」と告白し「私のことを推して絶対に後悔はさせません!」と堂々と宣言。特技の“左右ウインクパフォーマンス”では、左右交互に高速でウインクをして、客席から拍手が起こると顔を隠して「恥ずかしい~」と赤面した。また、バスケットボールのフリースローとドリブルシュートを見せる場面では見事一発で成功し、菅原自身が驚いた顔を浮かべていた。

 中西は犬、は虫類のペットを写真で紹介。「よく『変わってるね』と言われますが、自分ではそんなことないと思っています」とコメントし「こんな私ですが、みなさんに好きになってよかった、って思ってもらえる人になります」と誓った。特技では、最終審査で歌ったという尾崎豊の「I LOVE YOU」を感情豊かに歌い上げ「自分の人生を変えてくれた曲と言っても過言ではないので、今日ここで歌うことを選びました」と語った。

 後半では、5期生がファンの前での初パフォーマンス。たくさんのファンが見守る中、「ガールズルール」から幕を開けた。一ノ瀬をセンターに、全員笑顔で堂々とパフォーマンス。続く「インフルエンサー」では、井上と中西をセンターに1曲目の笑顔とは一転、クールな表情で見事に楽曲を表現し、最後の「君に叱られた」では、奥田がセンターを務め、元気いっぱいに5期生のフレッシュさをアピールした。

 最後に五百城の「今日来られなかったメンバーも含め、5期生11名、乃木坂46の一員として精一杯がんばっていきます。みなさん5期生をよろしくお願いします」とあいさつし、全員深く頭を下げお見立て会を締めくくった。