趣里が主演を務める10月2日スタートの2023年度後期連続テレビ小説『ブギウギ』(NHK総合ほか)に、新納慎也富田望生・宮本亞門らの出演が決定。ヒロインが東京で出会う梅丸楽劇団(UGD)と音楽関係の人々を演じる。



【写真】富田望生や宮本亞門が『ブギウギ』の世界に!

 連続テレビ小説第109作となる本作は、戦後の大スター・笠置シヅ子をモデルに、満面の笑顔と底抜けの明るさをもつヒロインの花田鈴子(趣里)が、多くの困難を乗り越え、歌手の道を突き進み、人々に勇気と希望を与えていく姿を描く。

 連続テレビ小説初出演の新納が演じるのは、東京・梅丸楽劇団(UGD)の演出家・松永大星。新納は「『ヒロインの相手役ですか?』『違いますっ!』と言われておりますが、いやはやどうなることやら? ですよ。鈴子の才能をいち早く見抜いた審美眼のある松永を、心を込めて全力で魅力的に演じたいと思います」と気合十分のコメント。

 梅丸楽劇団の制作部長・辛島一平には安井順平。大阪の梅丸少女歌劇団(USK)の林部長の後輩。
いつも、大物作曲家や演出家、歌手らの間に挟まれて苦しい思いをしている役柄だ。

 さらに、ダンサーの中山史郎にはs**t kingz・小栗基裕、トランペット奏者の一井には陰山泰が決定した。

 東京の音楽関係の人々として、鈴子のような歌手になるのが夢で、弟子にしてほしいと訪ねてくる小林小夜役に富田望生。「趣里さんの側でお芝居できること、この物語のヒロインの人生にお供できること、大変嬉しく、光栄です」とコメントしている。

 梅丸のライバル会社・日宝の社長の大林林太郎には利重剛。「笠置さんをモデルに、大好きな足立紳さんが脚本を書き、大好きな趣里ちゃんが主演するなんて! 発表を聞いた時から参加をしたくてたまりませんでした。
本当に嬉しいです。どうぞよろしくお願いします」と出演への意気込みを語った。

 また、破天荒な天才作詞家・藤村薫には連続テレビ小説初出演の宮本亞門。演出家としても活躍する宮本は「演出家になって自分が演じることは極力避けてきました、これから演技指導がしにくくなるからです」としつつ「でも笠置シヅ子さんの大ファンの僕は、あえてカメラの前に立ちました。笠置さんに惹かれる理由は、宮本家が同じ香川県出身であることや、母と同じ松竹歌劇団に入団していたこと、それに戦前、戦後と日本中にジャズで元気と希望を与えてくれたからです」と出演を決めた心境を明かした。

 2023年度後期連続テレビ小説『ブギウギ』は、NHK総合ほかにて10月2日放送開始。


 ※キャストのコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■新納慎也

念願の朝ドラ初出演となります! オファーをいただいた時は本当に嬉しかったです。「当て書きのようだ」と言われる松永大星という演出家の役です。

「まぁね、僕は演出家の一面もあるからね」と思いましたが、どうやらその当て書きの様だと言われる部分はそこではないらしい…(笑)

「ヒロインの相手役ですか?」「違いますっ!」と言われておりますが、いやはやどうなることやら? ですよ。鈴子の才能をいち早く見抜いた審美眼のある松永を、心を込めて全力で魅力的に演じたいと思います。

■安井順平

各方面から板挟みにあう中間管理職を演じます。
さて、この職に求められる能力という項目を見つけました。コミュニケーション力、リーダーシップ力、人材育成力、課題解決力だそうです。残念ながら辛島部長はこれらのどれもが足りません。逆に、板挟みになりがちな人の特徴として、頼られると断れない。何事に対しても一生懸命で誠実。必要以上に相手のことを考えてしまう。
辛島部長は全てに該当します…。

制作部長としてはダメだけど、俳優としてはそうありたいものです。そんな辛島部長ですが、どうか愛してやってください。

■小栗基裕(s**t kingz)

初めて朝ドラに出演させていただきます。
中山史郎という寡黙なダンサーを演じました。ダンスシーンも必見です!
梅丸は個性的なキャラクターだらけですが、中山もなかなかクセ強です。

エンタメの世界ってクセが強い人ばかりですよね。でもそれが1周回って愛おしくなってくる。だからやめられない!
笑えて泣けて元気がもらえる、素晴らしい「ブギウギ」の世界を沢山の方に楽しんでいただけたら幸いです。

■陰山泰

トランペッターで楽団のバンマスという役です。
去年の東京NHK制作のドラマ『アイドル』でも同じ様な役柄で出演しました。

トランペットという楽器は手強いです。
戦前戦中そして戦後にかけての、音楽にとっては厳しい状況下、鈴子ちゃんと共に演奏を続けることの葛藤と喜びを、明るく演じていくことができれば、と思っています。

今回初めてご一緒する、キュートでバイタリティー溢れる主演の趣里ちゃんとの共演は、とてもとても嬉しくて楽しみです。

■富田望生

なんともコロコロッとした…愛らしい女の子を務めることになりました。

「ホント小夜ちゃんしょうがない子やわ~」と、チームの皆さまに見守られながら、ズキズキワクワクな日々を全力で駆けております。趣里さんの側でお芝居できること、この物語のヒロインの人生にお供できること、大変嬉しく、光栄です。小夜ちゃんの見つめ方で、支えとなれますよう尽力して参ります。

楽しみにしててくんちぇ!

■利重剛

小学生の時にラジオで「買物ブギー」を聞いてから、ずっと笠置シヅ子さんの歌声に魅了されてきました。「ヘイヘイブギー」は1番好きな歌です。僕にとって人生のテーマソングです。

その笠置さんをモデルに、大好きな足立紳さんが脚本を書き、大好きな趣里ちゃんが主演するなんて! 発表を聞いた時から参加をしたくてたまりませんでした。本当に嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

■宮本亞門

演出家になって自分が演じることは極力避けてきました、これから演技指導がしにくくなるからです。演出家の蜷川さんが「今でも俳優時代の下手な演技を揶揄される。演出家は演技を映像で見せないほうがいい」と忠告されたのもその一因です。

でも笠置シヅ子さんの大ファンの僕は、あえてカメラの前に立ちました。笠置さんに惹かれる理由は、宮本家が同じ香川県出身であることや、母と同じ松竹歌劇団に入団していたこと、それに戦前、戦後と日本中にジャズで元気と希望を与えてくれたからです。

正直、僕のカメラ前での演技は吐きそうなくらい緊張し硬直してましたが、共演者の趣里さん・草なぎ剛さんらキャスト、スタッフ皆さんのお陰でリラックスできました。この番組で視聴者の皆さんが朝、前向きな一時を迎えられ、ポジティブな喜びを感じられたら幸いです。