徳永えり、令和婚後初ドラマ 『べしゃり暮らし』で間宮祥太朗の姉に

徳永えり、令和婚後初ドラマ 『べしゃり暮らし』で間宮祥太朗の姉に
土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する徳永えり(C)テレビ朝日 (C)森田まさのり・スタジオヒットマン /集英社
 5月1日に「令和婚」を果たした女優の徳永えりが、7月スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)で俳優の間宮祥太朗演じる主人公・上妻圭右の姉役として出演することが発表された。

【写真】ドラマ『べしゃり暮らし』上妻家キャストフォトギャラリー

 人気漫画家・森田まさのりによる同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇で、劇団ひとりが演出を担当。人を笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右(間宮)が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺大知)と出会うところから始まり、やがて圭右が辻本と「きそばオートマティック」という漫才コンビを結成、厳しい漫才の道へ踏み出していく姿を描く。

 徳永が演じる圭右の姉・しのぶは、圭右の実家が営むそば店「きそば上妻」で父の手伝いをしなら、お笑い嫌いの父と圭右の間に入って2人を温かく見守る役どころ。徳永は「間宮さん演じる圭右はとてもパワフルで一緒にお芝居を作っていく中で心を揺さぶられる瞬間が沢山あります。その隣にいる辻本役の渡辺さんは、圭右のパワーを優しく大きく包み込んでいて、とてもバランスの良い2人がこの物語を形成しているんだなと感じました」とした上、演出の劇団ひとりについても「我々と同じ、役目線に立って言葉や行動を選んで演出してくださるので、とても新鮮でした」と語る。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年5月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「松岡茉優」のニュース

次に読みたい関連記事「松岡茉優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「杉咲花」のニュース

次に読みたい関連記事「杉咲花」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「伊藤歩」のニュース

次に読みたい関連記事「伊藤歩」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。