今夜『義母と娘のブルース』SP、綾瀬はるか&上白石萌歌の“ぎぼむす”タッグ復活

今夜『義母と娘のブルース』SP、綾瀬はるか&上白石萌歌の“ぎぼむす”タッグ復活
『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』場面写真(C)TBS
 女優の綾瀬はるかが主演を務め、上白石萌歌と共演するドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系/2020年1月2日21時)が今夜放送される。今回のスペシャルでは、連続ドラマから1年後が描かれる。

【写真】“最強の義母”が帰ってくる! 『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』場面写真

 2018年7月期に放送された連続ドラマ『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名の4コマ漫画(ぶんか社)を原作に、主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと奔走する10年間を描いた愛の物語。本作は、その1年後をドラマオリジナルストーリーで描く。

 2019年秋。亜希子(綾瀬)は大阪、娘・みゆき(上白石)は東京と、離れて暮らしていた。亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。一方、女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。

 そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇。さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた。そこへ帰宅するみゆき。まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 麦田は「ち、違うんです宮本さん!!」、みゆきは「違うの、お母さん!!」と言うが、意味不明な状況に亜希子は混乱する…。

 こんなドタバタから始まる義母と娘の物語となる今回。血のつながらない母と娘、そんな2人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく―。

 ドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』はTBS系にて本日1月2日21時放送。

あわせて読みたい

綾瀬はるかのプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「綾瀬はるか + 結婚」のおすすめ記事

「綾瀬はるか + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「綾瀬はるか + 熱愛」のおすすめ記事

「綾瀬はるか + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「深田恭子」のニュース

次に読みたい関連記事「深田恭子」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 綾瀬はるか ドラマ
  2. 綾瀬はるか 映画
  3. 綾瀬はるか 松坂桃李

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。