ショーン・コネリーさん死去 ダニエル・クレイグ、ニコラス・ケイジらが追悼メッセージ
拡大する(全1枚)

 初代ジェームズ・ボンドを演じた『007』シリーズや、『レッド・オクトーバーを追え!』、『アンタッチャブル』などで知られるスコットランド出身の俳優ショーン・コネリーさんが、現地時間10月31日に亡くなった。90歳だった。彼の死を悼んで、かつての共演者はじめ、多くのセレブから追悼のコメントが出されている。

【写真】『007』初代ジェームズ・ボンドを務めたショーン・コネリーさん

 BBCニュースによると、バハマの自宅で家族らに見守られ息を引き取ったという。バハマは『007 サンダーボール作戦』の舞台となった土地で、コネリーさんは晩年、この土地で暮らしていた。

 コネリーさんは、人気シリーズ『007』の第1弾『ドクター・ノオ』(1962)でジェームズ・ボンド役に抜擢され、一躍スターに。『アンタッチャブル』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したほか、ゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞など、多くの賞を受賞している。

 彼の死に、かつて共演した俳優らから、追悼のコメントが寄せられている。

 『007』シリーズでジェームズ・ボンドを演じているダニエル・クレイグは、『007』の公式ツイッターを通じてコメント。「彼は今後も、俳優やフィルムメーカーに影響を与え続けるだろう。ご家族と彼の愛した人へ、お悔やみを申し上げます。今彼がいる場所がどこであろうとも、そこにゴルフコースがあることを願います」と、生前ゴルフを愛したコネリーさんに哀悼の意を捧げた。