乃木坂46・生田絵梨花、涙で『FNS歌謡祭』ラストパフォーマンス「とても幸せでした」

乃木坂46・生田絵梨花、涙で『FNS歌謡祭』ラストパフォーマンス「とても幸せでした」
拡大する(全1枚)

 12月31日をもって乃木坂46を卒業する生田絵梨花が8日放送の『2021 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)第2夜に生出演。乃木坂46メンバーとしては最後の『FNS歌謡祭』出演となる生田は涙ぐみながら、視聴者へ向けてこれまでの感謝の気持ちを伝えた。

【写真】パフォーマンス後、「メンバーとしてのFNSラストパフォーマンス幸せでした」とつづった生田絵梨花 『FNS歌謡祭』公式インスタグラムより

 番組では、2012年からの参加楽曲が64曲を数える生田の名演を「アイドル編」「ピアニスト編」「ミュージカル編」「ディズニー編」と映像で振り返った。

 映像を見た生田は涙ぐみながら、「本当にいろんな経験させてもらったなと思って。思い出がバーって蘇ってきちゃいました」と語り、MCの相葉雅紀から特に印象に残っていることを聞かれると、「全部だけど、初めて1人で歌わせてもらった『パート・オブ・ユア・ワールド』とか、あとはアイドル100人ぐらいでパフォーマンスしたりとか、コラボも全部思い出です」と話した。

 乃木坂46キャプテンの秋元真夏は、今の気持ちを問われ、「本当にもういくちゃんが涙すると、つられてしまいそうなんですけど、本当に卒業の日までちゃんと思い出たくさん作って過ごしたいなと思います」とコメント。

 生田は12月14日、15日に卒業コンサートを横浜アリーナで開催する。卒業を控えた今の気持ちを問われた生田は「すごく寂しさが募っているんですけど、でも最後までみんなと楽しく走りきれたらなと思います」と話し、「『FNS歌謡祭』では、みなさんに本当にいろんな一面を見てもらえたので、本当にとても幸せでした。今日が乃木坂46としては、FNSラストパフォーマンスになります。感謝を込めて届けたいです」と語った。

 その後、生田にとって最後のセンター曲となる「最後のTight Hug」をパフォーマンス。生田は涙をにじませながらも晴れやかな笑顔を見せていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「乃木坂46」に関する記事

「乃木坂46」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「乃木坂46」の記事

次に読みたい「乃木坂46」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク