bit

カセットテープの需要は今……

       
おお! やっぱり! 
それにしても、なぜ演歌だけはカセットテープが生き残っているのだろう?

(株)テイチクエンタテインメント広報部の担当者がこんなことを教えてくれた。
「演歌を購入される人たちというのは、自分で歌うということを目的で購入される方も多いんですね。歌う練習をする際に、あるフレーズを繰り返し聴くということをするらしいんです。そういった作業は、CDやMDよりもテープのほうがやりやすいんだそうですよ」

確かに、CDやMDでの早送りや巻き戻しをする際、「やりにくい」と思ったことがある。CDやMDの早送りや巻き戻しをする場合、スキップボタンを長押しすることが多い。1数秒前に戻りたいのに、長押ししている時間が1秒かかったりして、なんだかもどかしくなってしまうのだ。
その点、カセットテープの感度は最高。ボタンを押したら即「ガチャガチャ! キュルルル ガシャン!」で完了だ。

「そういう事情もありまして、演歌などではテープの需要はまだあるんですよ。アーティストによってはCDとテープの売り上げの割合が五分五分ということもありますからね、無視できません。コンサート会場での即売会などでカセットテープは非常によく売れますしね」と広報部の担当者。

CDとテープの売り上げ五分五分って……凄いな演歌。

フェードアウトしていくテープの断末魔をレポートしようと思ったのだが、フェードアウトなんてとんでもない。カセットテープは、演歌というフィールドで未だにガチャガチャと忙しく働いているみたいです。
(ドープたつま/studio woofoo)

(株)テイチクエンタテインメントHP

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年9月12日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。