bit

丸めたら“ネギ”になるハンドタオルにひとめぼれ

タオルづくりの工程では、通常は最後にふちまわりを刺繍するので、糸とタオルのデザイン色がマッチしなくなってしまう。そこで、タオルメーカーの方が、「ならば先に縫ってから色染めしましょう」と。
さらに、「D-MAGIC」の皆さんがタオルをくるくる巻いて、ラップして、紫のテープで止める作業をせっせと行い、あれよという間に「ハンドタオル」の商品が完成した。

そもそもネギ太くんがTwitterをはじめたのは、「コミュニケーションの一手段として、会話を楽しんで、縁づくりのきっかけとなれば」としてスタートしたとのことだが、そこでつながった人たちと実際に会ってヒントやアイデアをもらったり、イベントやグッズが生み出されたり、とTwitterでの出会いからさまざまな試みが花開いている。

この「ヨネギーズハンドタオル」、7月1日より発売されているのだが、売れ行きは好調。しかも、ネギ太くんも驚いたことに、“1本”買いではなく、「インテリアとして部屋に飾りたい」という人が“複数本”を購入するケースが多いという。これはキモチがわかる。写真のようにざるも買って部屋に置きたいところだ。「5本買い」が一番多いそう。
また、渡した相手のリアクション見たさにちょっとしたギフトとしても活用できそう。「店頭などに並んでいるのを足を止めてまずは見てくれるのがうれしい」とネギ太くん。

ところで、タオルをよく見ると、ネギ子さんのポシェットのところに矢印で「柏木さん」!? とあるが、ネギ太くん&ネギ子さんのみならず、「どんぐりの柏木さん」なるキャラも存在していた。米子市のサイトを見ると、「淀江町出身。強気な性格で、気弱になりがちなネギ太をいつも励まし続けている。いつか立派なカシワの木になるのが夢。」と書いてあった……。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク