bit

ゲンゴロウはどれだけ目や鼻が悪いのか

ゲンゴロウはどれだけ目や鼻が悪いのか
かわいすぎる、甲羅干し中の姿。
6年間飼育していた巨大な金魚が、とうとう他界してしまった。
奇しくもその2週間ほど前に、我が家にやってきたゲンゴロウ。行きがかり上、我が家の第二の長寿ペットを目指すことになったのだが、早々にぶつかったのは、エサ問題である。

水生昆虫と魚を比べるのもナンセンスだが、尾を振ってエサをねだり、エサを投入するとド迫力で食らいつく金魚と違い、ゲンゴロウのはかなさときたら。

水中に煮干しなどを入れると、しばらく微動だにせず、反応するのは早くて20~30秒後。しかも、気づいた後も、ただグルグル回転したり、あさってのほうを泳いで探し回る。
気の毒に思い、手渡ししてみると、いったんつかんだは良いが、すぐに落下。今度は落とした場所がわからず、再びグルグル泳ぎ回って、ときにはとうとう見つけられず、諦めて寝てしまうという有様だ。

そんな姿を見るにつけ、どうしても抑えられないのは、「どれだけ目も鼻も悪いんだ!?」という疑問だ。
都内の野生のゲンゴロウが絶滅したニュースが先日報じられていたが、ペットとして安全を約束されている彼ですら「大丈夫か?」と問いたくなる。
ゲンゴロウはどうやってエサを認識しているのだろうか。昆虫館でゲンゴロウを飼育する多摩動物公園教育普及係に聞いた。

「エサの種類や状態にもよりますが、ゲンゴロウは水中ではほぼ嗅覚(鼻はないので触角を使っています)のみでエサを探しています。主に獲物の体液や死臭などで嗅ぎ分けます。そのため、目の前にエサがあろうとも、水の流れなどで匂いが漂ってこなければなかなか気が付きません」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年9月1日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース