bit

災害時に強い「公衆電話」、故障を見つけたら?

「公衆電話の点検は随時まわっています。でも、故障を見つけた際には『113』に連絡していただければ良いですし、機種によって違いますが、最新のデジタル公衆電話であれば、遠隔で点検をすることもできます」
固定電話・携帯電話のいずれからでも「113」に連絡をすれば良いそうだが、連絡する際には「整理番号」が必要だという。
「整理番号は、たとえば『渋谷003』のように、地名と数字から成り立っています。公衆電話ボックスの電話機の横ぐらい、あるいは見上げた場所ぐらいに表示がありまして、それを伝えていただければ、公衆電話の場所を特定することができます」

ところで、故障した公衆電話の修理代金などは……?
「公衆電話は一般の加入電話と違いますので、故意にこわしていない限り、無償となります。公園や道端、タバコ屋、コンビニ前、公共施設内などすべてです」
旅館などに置かれているいわゆる「ピンク電話」(現在は「PてれほんCII」という白い電話が主流)は、一般の加入電話と同じ扱いになるため、公衆電話扱いではないそうだが、緑色やグレーのものは、すべて「公衆電話」なので、「無償で修理してもらえる」という。

でも、「テレホンカードは使えない」状態の公衆電話、故障している公衆電話をかなり見かけるけど……。
「随時点検にまわっていましたが、今回の震災後は通常より点検を増やしています。それでも、故障や、テレホンカードが使えないものなどを見つけた方はご連絡いただければ」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年4月19日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース