bit

双子のイチゴ、増えてない?

近年、大粒で甘みの強いイチゴに出合うことが多くなった。
と同時に、最近は、2つがくっついた二股状の「双子イチゴ」もよく見かける。先日買ったパックなどには、双子に加え、3つ分がくっついた「三つ子イチゴ」まであった。

これって、何故なのか。大粒化していく中で起こったこと? 栃木県の農業試験場いちご研究所に聞いてみた。

「確かに大粒のものが増えるなか、2つがくっついたような二股状のイチゴも増えている印象はあります。ただし、昔から実はそれなりにありました。昔は流通の際に農家がはじいて、出荷されなかったものが多かったんです。ところが、今は形の良さや粒が揃っていることよりも、消費者が大きいものを好むという傾向があります。そのため、そうした好みの変化によって、かつてはじかれていた二股状のものなども市場に出回るようになったということはあると思います」

双子のイチゴができるのは、「花芽分化」の際に、何がしかの生育異常が起こったことが原因と考えられるそう。
「花芽分化」とは、葉芽から花芽へ変わる過渡期のことで、イチゴは日が短くなり、気温が下がると、この花芽分化を迎えるのだという。

「花芽の分化には窒素量や温度、日射量など、いろいろなものが影響しています。イチゴの場合は通常、1つの茎に複数のイチゴができますが、なかでもいちばん大きいものができるのは、頂の部分(頂花房)。これは、いわば長男のようなもので、そこから徐々に枝分かれしていきます。ところで、頂の部分の長男にあたる花芽が分化する際に、株のバランスが強くなって花芽が乱れると、2つのイチゴがくっついたようなものができるのではないかと思います」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク