bit

お風呂、正しく入ってますか?



いわゆる「のぼせ」を防ぐのにどうすればいいのか。
伺うと「漫画などによくある、頭にタオルを乗せる。これがおすすめです」という。
ただし乾いたタオルではなく、冷たく濡らしたタオルで。頭を冷やすことでのぼせを防ぐ役割もあるそう。
お風呂の表現として描かれているだけかと思いきや、意外な効果があったのだ。

そしてお風呂から出るときは、できるだけゆっくりと。
それでも立ちくらみが起きてしまったらゆっくり腰をおろし、できれば横になり落ち着かせる。
動こうとがんばると転んで怪我をすることも。

同じお風呂でも銭湯はどうなのだろう。
銭湯協会に伺ったところ、昔は衛生問題で42度以上と熱め設定だった銭湯だが、今は40度前後に落ち着いてきているらしい。
東京では高めが好まれるが「湯温の異なる湯船がいくつか用意されているので、のぼせる前に上手に使い分けて」と、呼びかける。
それに熱いお湯も危険なばかりではない。目覚めたい時は、さっと熱いお湯に浸かると体に血が巡り、しゃっきり目覚める効果もある。

春とはいえ、花冷えで冷え込む季節はまだまだ続く。
賢くお風呂に浸かって、楽しく温かい入浴を。
(のなかなおみ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月3日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。