bit

第31回神戸ジャズストリートを「ソネ」で満喫

第31回神戸ジャズストリートを「ソネ」で満喫
10月6、7日に、第31回神戸ジャズストリートが開催された。
関西で、お笑いは大阪、日本の歴史は京都。そして日本のジャズの発祥地は、港町神戸だと筆者は信じている。

洋館、インドレストランなどが立ち並ぶ、独特な雰囲気の神戸市中央区北野町異人館エリア。そこで今年は10月6、7日に、第31回神戸ジャズストリートが開催された。

11時から阪急電車三宮駅北側よりパレードがスタート。先頭を歩くのは、神戸市立博物館で来年の1月6日まで展示されている、フェルメールの作品から飛び出した「青いターバンの少女」! いえいえ、ヴォーカリストの辛島すみ子氏。ジャズファンのおじさま方を、ジャズの合間に軽快なトークで楽しませてくれる人でもある。

12時から17時まで、8つの会場でジャズを聴く。一日チケットを首からぶら下げて、手にしたプログラムに精通する。お目当てのミュージシャンを見つけて、どうやって会場をはしごするか、計画を練るといいだろう。

筆者は、憧れのジャズライブハウス、「ソネ」で一日過ごすことを決めていた。神戸市中央区北野町異人館通位置する「ソネ」は、300人はゆうに入りそうなのに満員。濃厚な空気が漂う、ジャズにはもってこいの空間となっていた。

「ソネ」の名物と言えるカレーライスを食べながら、もちろんアルコールを飲みながら、楽器とボーカルセッションを聴ける。筆者にとって、こんなにぜいたくな時間はない。

高岡正人トリオの高岡氏のピアノは、始りにふさわしく心地よいものだった。辛島すみ子氏の歌と、神戸ジャズストリート初回から出場し続けているキャッスル・ジャズ・バンドとのコラボレーションが続く。ディズニーの夢の世界へ運んでくれるようなサウンドだ。次にほれぼれしたのは青木研氏のバンジョー演奏。筆者の緊張をほぐしてくれる作用のあるバンジョーが、素晴らしいテクニックが伴って、まるで体のあちこちのコリをほぐしてくれるサウンドとなっていた。

あわせて読みたい

  • 韓国の音楽ファンが集まった「ソウルレコードフェア」に行ってきた

    韓国の音楽ファンが集まった「ソウルレコードフェア」に行ってきた

  • コネタの記事をもっと見る 2012年10月14日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。