bit

今、再び消しゴムはんこがブームに!とみこはんが語る消しゴムはんこの魅力

今、再び消しゴムはんこがブームに!とみこはんが語る消しゴムはんこの魅力
消しゴムはんこで作った野菜シリーズ。とみこはん曰く「実家が兼業農家で、野菜はいつも見てたんで得意ですよ」
再び、消しゴムはんこがブームとなっている。消しゴムはんこ用の図案集が多数出版されたり、消しゴムはんこのイベントが各地で開催されたり、消しゴムはんこが好きなAKB48の仁藤萌乃さんの作品が話題になったり…。筆者は世代的には、「消しゴムはんこ=ナンシー関さん」のイメージが強いのだが、果たして消しゴムはんこの魅力は何なのか?消しゴムはんこの本「とみこのはんこ」(河出書房新社)を発売した消しゴム版画・イラストレーター「とみこはん」にお話を伺った。

――消しゴムはんこの人気が再び高まっていますが、どういったものを彫っている人が多いですか?

「ここ数年は、かわいい感じのモチーフや、アンティークっぽい図柄を彫っている人も多いですかね。彫る人の趣味にもよりますが、やっぱり、ナンシー関さんを知っているかどうかで、その人の消しゴムはんこに対する印象が違うと思います。ナンシーさんと言えば、著名人の似顔絵と、キレのあるコメント入りの唯一無二の白黒イラストをぱっと思い出す人が多いと思います。コラムも抜群にすごかったし、ナンシーさんのイメージが強い人にとって、消しゴムはんこ=似顔絵のイメージ、ナンシーさんを知らない世代にとっては、消しゴムはんこ=かわいい絵というイメージなのかもしれません。図案集も多く発売されていますし。消しゴムはんこは気軽に始められるということと、ゴムが手元に残る達成感、ハンコをペタッと押して、図柄が表れた時の成功体験が味わえるところが魅力だと思います」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年12月26日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース