bit

アナウンサーのコミュニケーション術を「きょうの料理」の後藤アナに聞いてみた

筆者は取材にはよく行くものの、人見知りである。仕事の場では話すことができても、それ以外での雑談ができない。果たして、喋る仕事に就いている人はどのように人と接しているのか? 13年に渡って出演中の「きょうの料理」(NHK)では、鈴木登紀子さん、平野レミさんなどの個性あふれる先生との絶妙なやりとりが好評で、主婦を中心に隠れファンの多い後藤繁榮(しげよし)アナウンサーにお聞きした。

――ズバリお聞きしますが、どのようにすれば、うまくコミュ二ケーションがとれるようになりますか?

「話が上手な人を目指すよりも、まずは相手に『この人とは話しやすそうだ』と思ってもらえるような雰囲気作りをしてみましょう。自分がうまく話さなければいけないと思うと、慌ててしまって挫折してしまいがちです。相手の話を聴く姿勢をもつことで、会話はどんどん豊かになっていきます」

自分のことばかりを話そうとしてしまうと、相手は「私のことには関心がないのか」と思ってしまう可能性がある。逆に、相手の話を気持ちよく聞くと、聞いてくれたことに対して信頼関係が生まれてくるとのこと。

「あとは、口角を上げて笑顔になることです。笑顔には『返報性』があって、相手が笑えばこちらも笑うという心理が働きます。だだ、自分は微笑んでいるつもりでも、まわりの人から見ると顔が引きつっていることがありますので、気をつける必要があります。鏡に自分の顔を映して、楽しいことを思い出しながら口角の上がり具合や位置を確認してみましょう。その時に目の表情の優しさを覚えると良いです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年5月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。