review

影武者だったアキのママ・小泉今日子が歌う「潮騒のメモリー」「あまちゃん」16週目

影武者だったアキのママ・小泉今日子が歌う「潮騒のメモリー」「あまちゃん」16週目
春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編<br />監修・選曲 宮藤官九郎<br />ビクターエンタテインメントより8月28日発売予定<br />ソニーミュージック編もあり
第1回はコチラ
「毎週月曜更新中、木俣冬のおさらいあまちゃん」バックナンバー集はこちら


「あまちゃん」16週、91〜96回「おらのママに歴史あり2」で得た、メモしておきたい最大の教訓は、アキ(能年玲奈)のマネージャー・水口(松田龍平)の「睡魔と闘いながらいいことを言うの難しい」(土曜96回)でした。

それよりなにより、16週で明かされたアキの母・春子(小泉今日子)の衝撃の過去には、日本列島が脳内メーカーのように「じぇじぇじぇじぇじぇ」の文字で埋め尽くされたことでしょう。
「じぇじぇじぇ」って響きはなんだかフランス語みたいにも聴こえると前々から感じていましたが、今週ほど「じぇじぇじぇ」がフランス映画にあるような虚無感やデカダンを帯びて聴こえたことはありません。
春子が、鈴鹿ひろ美の影武者となって「潮騒のメモリー」を歌っていたなんて、ああ無情(仏語にしたらレ・ミゼラブル)です。

この「おさらい『あまちゃん』」でも、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が「潮騒のメモリー」のことを覚えていないことと、薬師丸の主演映画「W の悲劇」の代役エピソード、繰り返される「落武者」「影武者」ネタなどをひっくるめて考えて、何かあるとふんでいましたがやっぱりでした。
そして、これは12週の70回でも匂わされていたのです。
アキが「ママの歌(潮騒のメモリー)を聞いたときにアイドルになりたいと思った」と言い、ママの歌が「かっこよかった」と言います。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

あまちゃん

あまちゃん

2013年度上半期にNHKで制作され、国民的人気となった宮藤官九郎脚本の連続テレビ小説。母・春子(小泉今日子)の故郷・北三陸にやってきた16歳の少女・天野アキ(能年玲奈)の成長を描いたドラマだ。

2013年7月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。