今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

GMTデビュー曲「地元に帰ろう」はどうなる「あまちゃん」17週目

2013年7月29日 11時00分 ライター情報:木俣冬

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版
NHK出版から8月27日発売予定
おら、楽しみがとまらねえ〜 

[拡大写真]

第1回はコチラ
「毎週月曜更新中、木俣冬のおさらいあまちゃん」バックナンバー集はこちら


17週「おら、悲しみが止まらねぇ」7月22〜27日(97〜102回)は、いよいよGMTのデビュー曲「地元に帰ろう」ができてレコーディングへーーという展開に気分が上がりその後すぐ下がるという過酷な展開でしたが、アキ(能年玲奈)とヤング春子(有村架純)の夢の共演には気分沸騰でした(金曜101回)。
100回の大台を超えた途端、時空も制約も超えちゃいましたね、わーい。
同じく朝ドラ「カーネーション」ではヒロイン尾野真千子と彼女の少女時代を演じた二宮星が同一画面に登場する場面もありましたが、アキとヤング春子の時を超えた邂逅は夢オチといえども感動に震えるばかりです。

アキの夢といえば、8週44回の冒頭、種市先輩(福士蒼汰)に告白される1分15秒間が斬新でしたが、このときは事前に夢であると、夏(宮本信子)の語りで断っていました。
今回は放送開始10分30秒から12分44秒までの2分14秒、説明なしという、いい意味で相当乱暴です。

まあ明らかにおかしな場面で説明したらおもしろくないと思いますが、全国のおじいちゃんおばあちゃんもここをすんなり受け入れてしまったのでしょうか。「あまちゃん」をずっと見続けているうちにもうなんでもありになってしまったのでしょうか。「あまちゃん」は見る目を育てる朝ドラですな。

この夢、ふつうにアキとヤング春子の対話だったらとてもロマンチックですが、途中から鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が登場してはちゃめちゃになっていきます。
鈴鹿のいでたちは静御前で、アキ、春子、鈴鹿の三巴御前状態です。
クドカン先生は妄想シーンが十八番といってもいい。火曜98回で「実話をもとにしていたらヒットすると思ったらおおまちがいよ。現実なんか退屈」と鈴鹿に言わせていますしね。クドカン世界はリアルな生活の中に奇妙な妄想が挿入されることで現実が壊されていくのです。
静御前といえば、白拍子という巫女の系譜を継いでいる人物です。彼女がアキとヤング春子の夢に出てくることはとても理にかなっているんですよね。巫女→白拍子→女優という芸能の歴史を語る上で重要な存在ですし。

鈴鹿ひろ美の「段差がこわい段差がこわい」っていう細かいセリフもやっぱりあらかじめ脚本に書いてあるのかなあ。脚本家がちゃんと寮のセットを見ているってことなんでしょうかね。
ヤング春子の走り回り方までは指示してないと思うんですが、みごとに脚本のおもしろさに則していました。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!