bit

積年の疑問「女は浅倉南がなぜ嫌いなのか」

フツウの人には、これってけっこうキツイ。

■ズルさ
実は一途で、最初から上杉達也しか見ていない。心が揺れたことはおそらく一度もない。にもかかわらず、自分に対して正面からアプローチし続ける和也(達也の双子の弟)にはそれを告げない。後ろから抱きしめられても、何も言わず、拒みもせず、ただうつむくだけ。
断らないことは一見優しさに見えるが、「キープ」ととられてしまっても仕方ない。

■「男の子」っぽい喋り
浅倉南は「○○よ」といった「△じゃないわよ」といった女の子喋りをベースとしつつ、部分的に「○○だぞ」「お、感心感心」などの「男の子喋り」をよくする。「オレ、○○だぜ」とかいうがさつな男喋りはゲンナリだが、「男の子っぽい」のは可愛い。というか、自己愛のあらわれにも見え、一種のぶりっ子にも感じられる。「ボクっ娘」のメンタルにも近いか。

■本当の「天然」なところ
見え見えのあざとい「天然」の場合は、むしろ清々しいが、南ちゃんは計算でやってないからタチが悪い。好きな男(達也)がいながらも、別の男(和也)に「自分の夢」として「甲子園に行くこと」を約束させるのは、「小悪魔」と言う人もいるが、計算ではなく、真正の天然だからだと思う。

■能力が高いくせに野心がないところ
自分自身がスポーツ万能で、新体操の期待の星なのに、選手として活躍していこうという野心はサラサラない。「たまたまできる」だけ。あくまで気持ちは「野球部のマネージャー」が本命。
知性も美貌もあるくせに、ニュースを読むトップキャスターを目指すのではなく、「スポーツ選手のお嫁さん」を目指してしまう女子アナにも似ている気がする。

上記のように「嫌い」な理由を列挙しつつも、気付くと、浅倉南のことで頭がいっぱいだ。
なんだかんだで、気になってしまう、やっぱり最強のヒロインだと思う。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月14日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。