review

芸人はTV視聴者という赤子のご機嫌を取らなければならないのか? 又吉直樹「火花」

芸人はTV視聴者という赤子のご機嫌を取らなければならないのか?  又吉直樹「火花」
「火花」(又吉直樹)一挙掲載の「文學界」2月号(文藝春秋)
胸が熱くなるものを読んでしまったなー!
《文學界》2015年2月号(文藝春秋)に掲載された又吉直樹さん(ピース)の小説「火花」のことです。
2015年の年明けからTVで話題になったし、書店では掲載誌が売り切れるという異例の事態となった。
もうあちこちでさんざん語られているので少々出遅れた観があるけど(2月上旬にはつぎの3月号が並び、2月号は店頭から姿を消すだろうし)、単行本が出るまでには少し間があるので、やっぱりどうしてもこれ、書いておきたい。

中篇小説「火花」の冒頭で、〈僕〉徳永は20歳の夏に、熱海で4歳年上の「神谷さん」と出会う。
〈僕〉は同じ関西出身である相方の山下と「スパークス」という漫才コンビを組んでいて、俳優中心の在京の小さな事務所の唯一のお笑い部門だった。神谷さんは大阪の大手事務所に所属し、大林さんという相方と「あほんだら」というコンビを組んでいる。
 無名に近い駆けだしの両コンビは、熱海の花火大会の営業でたまたまいっしょになったのだった。スパークスの漫才なんかだれも聞いていなかった舞台で、「あほんだら」はおそろしくパンクな漫才をやって、お客さんを引かせて注目を集める。舞台終了後の神谷さんの笑顔の〈無防備な純真さを、僕は確かに恐れていた〉。
居酒屋で神谷さんと飲んでいるうちに、徳永は神谷さんに〈弟子にして下さい〉と頭を下げていた。それを受け容れた神谷さんは〈僕〉に〈俺の伝記を作って欲しいねん〉と言う。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年1月30日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら