90s

「たまごっち」の進化がもの凄いことになっていた!

たまごっちといえば、1990年代後半に大流行したあの商品。みなさんの中でも多くの方がたまごっちで遊んだ経験を持つのではないでしょうか。キャラクターに餌をあげたりして育てていくゲームでしたが、ちょっと目を離して放置していると糞まみれになって大変なことになったりしました(笑)。どんなたまごっちが出るかが一種のステータスになっていて「おやじっち」を出現させた友達を神扱いした記憶があります。

【社会現象になったたまごっち】


1996年に発売されたたまごっちは社会現象になるほど大人気になりました。
入荷待ちが続出してしまって欲しくてもなかなか手に入れることができないほど。入手するためにお店に多くの人が徹夜で並ぶ、そんなニュースが連日流れていたのを思い出します。カラーリングも人気を呼び、特に白いデザインにプレミアムが付き、高額で取り引きされるということもありました。社会人にもとても人気だったので、忙しい人向けの「たまごっち託児所」なるものまで登場していました。

しかしこのブーム、数ヶ月後には沈静化してしまいます。バンダイは不良在庫の山を抱えることになり、60億円分もの在庫、45億円の赤字を背負うことになってしまったそうです。

【現在のたまごっち あんな機能やこんな機能まで】


ところが、そんな懐かしいたまごっち、実はいまかなり進歩を遂げて、小学生を中心に女の子たちの間で新たなブームを起こしているんです!
第一ブームの数年後、過去のたまごっちブームを知らない小学生を対象に「かえってきたたまごっちプラス」が2004年に発売されました。初代のたまごっちに赤外線機能がプラスされ、新しいキャラクターが登場するなどさまざまな楽しみをプラスしていきました。そして、2008年には、いままでモノクロだった画面がカラー液晶に。キャラクターの表情や動きもよりリアルに進化していきます。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク