review

佃はいつ、背後のナイフに気付くのか「下町ロケット」ガウディ編早くも波乱含み今夜7話

発売されたてホヤホヤの新刊『下町ロケット2 ガウディ計画』(池井戸潤/小学館)を原作とする<ガウディ編>がスタートしたドラマ「下町ロケット」(TBS日曜よる9時)。

11月22日放送の第6話では、イヤ〜な敵役のニューフェイスが勢ぞろい。盛大なパーティからの料亭での密談という、本枠おなじみのシチュエーションで“越後屋、そちも悪よのう”的な会話が繰り広げられた。次は一体どんなトラブルが待ち受けているのか。佃製作所をめぐる不穏な気配をおさらいしたい。
「下町ロケット」(TBS日曜よる9時)第7話より

不穏な気配その1:帝国重工から「コンペ」の通達


ロケット打ち上げ成功から3年。帝国重工と二人三脚で国産ロケット開発を支えてきた佃製作所。ところが、帝国重工が主宰するパーティの席で佃社長(阿部寛)は資材部長に呼び止められ、「次はコンペにしたい」と告げられる。NASA(アメリカ航空宇宙局)出身の二代目社長・椎名(小泉孝太郎)率いるサヤマ製作所がせっせと売り込んでいるらしい。殿山経理部長(立川談春)曰く「バルブシステムの投資回収はまだまだです。今、帝国に見捨てられたら大赤字になりかねません」。ありゃりゃら。頼みの綱の財前(吉川晃司)も海外を飛び回り、日本にほとんどいない。このまま、椎名社長にいいようにやられてしまうのか。二代目社長バトルの幕開けだ。
佃はいつ、背後のナイフに気付くのか「下町ロケット」ガウディ編早くも波乱含み今夜7話
「下町ロケット」(TBS日曜よる9時)第7話より

不穏な気配その2:「決して損はさせません!」の欺瞞


帝国重工のコンペ話とほぼ同時期に持ち込まれたのが、精密機器メーカー最大手・日本クラインからの新規取引。ある部品の試作品をつくってほしいという。「佃さんの高〜い技術力を信じております」と持ち上げる割に、何に使う部品なのかはダンマリ。量産発注をちらつかせ、予算交渉にも応じない。「決して損はさせません!」「必ず大きなビジネスにつながりますから」なんて言い出す時点でうさんくさいことこの上ないが、案の定ウラでゴソゴソ。佃製作所が苦労して試作品を完成させた途端、「設計が変更になりまして」と、さらに極端な低予算と短納期での納品を要求。「もう結構です」と席を立った佃は、廊下で椎名社長とすれ違う。爽やか孝太郎スマイルの憎らしいこと、憎らしいこと。そこはかとなく漂う育ちの良さが、またいい感じにイラッとさせてくれるのだ。

この記事の画像

「佃はいつ、背後のナイフに気付くのか「下町ロケット」ガウディ編早くも波乱含み今夜7話」の画像1 「佃はいつ、背後のナイフに気付くのか「下町ロケット」ガウディ編早くも波乱含み今夜7話」の画像2 「佃はいつ、背後のナイフに気付くのか「下町ロケット」ガウディ編早くも波乱含み今夜7話」の画像3 「佃はいつ、背後のナイフに気付くのか「下町ロケット」ガウディ編早くも波乱含み今夜7話」の画像4
「佃はいつ、背後のナイフに気付くのか「下町ロケット」ガウディ編早くも波乱含み今夜7話」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「下町ロケット」に関する記事

「下町ロケット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「下町ロケット」の記事

次に読みたい「下町ロケット」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

下町ロケット

下町ロケット

池井戸潤の直木賞受賞作を阿部寛、土屋太鳳らでドラマ化。2015年の10月期に放送したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズ。TBS 日曜劇場にて、2018年10月14日〜12月23日放送(2019年1月2日に特別編放送)。

お買いものリンク