review

「下町ロケット」今夜7話。料亭、フレンチ、フレンチ、鉄板焼き…悪役たちは何軒の店を渡り歩くのか

ガウディ開発編に突入して2回目となる『下町ロケット』(毎週日曜21:00~、TBS系列)第7話。
一村(今田耕司)、桜田(石倉三郎)とともに佃(阿部寛)率いる佃製作所の面々が新たな心臓人工弁「ガウディ」の開発をめざす。
「下町ロケット」今夜7話。料亭、フレンチ、フレンチ、鉄板焼き…悪役たちは何軒の店を渡り歩くのか
『下町ロケット2 ガウディ計画』池井戸潤/小学館

ひたむきな医師を好演、今田耕司


ある日、福井の北陸医科大で細々と研究を続ける一村のもとに、かつての師匠的存在である貴船(世良公則)がやってくる。いまは人工心臓「コアハート」を日本クライン、サヤマ製作所とともに手がける貴船だが、じつはそのアイディアは一村から横取りしたもの。さらにガウディも「協力する」と言いながら自分のものにしようと画策していたのだ。それをきっぱりと断る一村。今田耕司が心臓外科医役と聞いた時には驚いたものだが、「まじめでまっすぐだがそれゆえ損をする」という役回りの男を好演している。

バカリズム、これからどう動く?


一方、山崎(安田圏)の設計図を自分のものと偽りサヤマ製作所へ転職した中里(高橋光臣)は、コアハート用の改良型人工弁の試作がうまくつくれずにいる。「現行品にしばられないように、独自の発想で改良品を」と現行品を見せない椎名(小泉孝太郎)。困り果てた中里は、実績が残せず開発から外された横田(バカリズム)に、上に許可されたと嘘をつき現行品を見せてもらう。実験してみるとなぜか現行品でエラーが出る……。バカリズム演じる横田の、腹に一物持っていそうな雰囲気がいい。今後どうからんでくるのか、楽しみでならない。

あわせて読みたい

  • 吉川のあの握手は…!「下町ロケット」

    吉川のあの握手は…!「下町ロケット」

  • 下町ロケットでまたイラストを描いた

    下町ロケットでまたイラストを描いた

  • 「下町ロケット」佃VS帝国の対決の行方

    「下町ロケット」佃VS帝国の対決の行方

  • 社長が主役のドラマは伸びないはずだが

    社長が主役のドラマは伸びないはずだが

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年12月6日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュース

    次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「家政婦のミタ」のニュース

    次に読みたい関連記事「家政婦のミタ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    下町ロケット

    下町ロケット

    「下町ロケット」は池井戸潤の直木賞受賞作が原作のテレビドラマ。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース