review

「下町ロケット」今夜8話「なんだかなあ」に阿部寛の思いを感じた

「ガウディ編」に突入してから八方塞がりの状況が続く『下町ロケット』。第8話もまだまだ佃製作所にとっては苦しい展開だ。
「下町ロケット」今夜8話「なんだかなあ」に阿部寛の思いを感じた
『下町ロケット2 ガウディ計画編』池井戸潤/小学館

桜田(石倉三郎)からこのままではガウディ計画の資金援助が打ち切られると告げられた佃(阿部寛)。しかし佃は資金のあてもないまま、ガウディのための人工弁開発を進めることを決意する。いっぽうで収益の柱であるロケットエンジンバルブのコンペも迫っていた。ライバルのサヤマ製作所は共同開発を提案し、帝国重工の悲願である内製化を実現させることでコンペを有利に運ぶという戦略があった。厳しい状況のなか、山崎(安田顕)は先を見据えてバルブに混入する異物を粉砕する「シュレッダー」の試作品をつくっていた。財前(吉川晃司)にシュレッダーの共同開発と、その条件としてガウディ計画の支援を持ちかけた。バルブの燃焼試験は高いレベルで合格したものの、共同開発が決め手になりサヤマ製作所が選ばれることにーー。

続いていた! 財前と佃の友情


第8話で何よりうれしかったのは、「ロケット編」で接近した財前と佃、二人の友情が続いているさまがしっかりと描かれていたことだ。佃製作所の技術を信頼し、ギリギリのところで戦う財前。財前を信用し、バルブが選ばれなかった悔しさをぶつけ、それでも前向きに「また一緒にロケットを飛ばしましょう」と伝える佃。取引先という関係をこえた二人の交流がこの物語により味わいを持たせている。ちなみに、阿部寛が亡くなった阿藤快さんの「なんだかなあ」をセリフに入れ込んだのは、佃が財前に悔しさを吐露する場面。「なんだかなあ……悔しいですよ。クソッ!」という佃のセリフはそのまま、突然阿藤さんがいなくなってしまったことに対して発せられたかのようだ。

あわせて読みたい

  • 吉川のあの握手は…!「下町ロケット」

    吉川のあの握手は…!「下町ロケット」

  • 下町ロケットでまたイラストを描いた

    下町ロケットでまたイラストを描いた

  • 空気読まない社長「下町ロケット」今夜

    空気読まない社長「下町ロケット」今夜

  • 「下町ロケット」佃VS帝国の対決の行方

    「下町ロケット」佃VS帝国の対決の行方

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年12月13日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュース

    次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「家政婦のミタ」のニュース

    次に読みたい関連記事「家政婦のミタ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    下町ロケット

    下町ロケット

    「下町ロケット」は池井戸潤の直木賞受賞作が原作のテレビドラマ。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース