集英社のWebサイト『週プレNEWS』で連載中の『キン肉マン』新シリーズが大人気のゆでたまご。原作担当・嶋田 隆司と作画担当・中井 義則による漫画家ユニットだ。
『キン肉マン』での少年ジャンプデビューは1979年。現在も第一線で活躍する超人気漫画家だが、90年代前半はヒット作に恵まれず、俗に「暗黒期」と言われる時代を過ごしている。
ゆでたまご得意の格闘マンガなのにヒットしなかった3作品をお節介ながら紹介しよう!

蹴撃手(キックボクサー)マモル (1990年) 全4巻


天才的な走り高跳び選手の13歳の中学生・蹴田(しゅうた)マモルは、親善陸上競技大会に出場するために向かったタイの首都バンコクで、ムエタイの絶対王者キング・パイソンに完敗する兄を目撃する。
パイソンは兄の身体に「九十日殺し蛇刻印」を刻み、3ヶ月以内にパイソンを含む5人に勝ち抜かないと兄が死んでしまうことを告げる。マモルはムエタイをマスターし、兄を救えるのだろうか?

今作のテーマは「ムエタイ」。タイ式ボクシングと呼ばれるタイの国技だ。
『ゆうれい小僧がやってきた!』『SCRAP三太夫』と、少年ジャンプでツーアウトを喰らっていたゆでたまご先生に対し、ジャンプは寛大な措置を取った。このマンガでは複数の担当が付き、タイ取材にも協力的だったそうだ。『キン肉マン』のヒットはそれだけの利益をもたらしていたと言うことだろうか。
これに対し、ゆでたまご先生も本場ムエタイの要素をふんだんに盛り込んでやろうと意欲的。子供たちに馴染みが薄いからと、タイの幻想的な部分を最大限に拡大解釈し、とんでもムエタイマンガに仕上げている。