90s

佐々木主浩「脱走に規則無視、若手時代の豪快すぎる伝説の数々」【プロ野球世紀末ブルース】

佐々木主浩「脱走に規則無視、若手時代の豪快すぎる伝説の数々」【プロ野球世紀末ブルース】
横浜スタジアム
日本最高のエースは誰か議論が分かれても、日本球界最強のクローザーはあの男しかいない。

佐々木主浩の輝かしい実績


泣く子も黙る大魔神・佐々木主浩。伝家の宝刀フォークボールを武器にNPB252セーブ、MLB129セーブの日米通算381セーブの金字塔。
95年から98年まで4年連続最多セーブを獲得し、横浜が38年ぶりの優勝に輝いた98年は51試合で45セーブを挙げ、驚異の防御率0.64でMVPと正力松太郎賞をダブル受賞。横浜駅東口の地下街には「ハマの大魔神社」まで作られるフィーバーぶり。

年俸も5億円を突破、もはや日本にやり残したことがなくなった佐々木は、99年オフにFAでシアトル・マリナーズへ移籍する。そこでもいきなり37セーブでア・リーグ新人王を獲得すると、翌01年にも日本人最多記録の45セーブ。オールスターにも出場した「DAIMAJIN」は、04年に横浜に復帰すると翌05年限りで現役引退。引退試合での同学年・清原和博との涙の対決は今でも語り草だ。

と、ここまでは野球ファンなら誰もが知ってる佐々木主浩のサクセスストーリーだと思う。でも、これより前のまだ「大魔神」と呼ばれる前の背番号22の素顔は意外と知られていない。無名の若手ピッチャー時代、この男は数々の逸話を残している。今回は佐々木が引退してから数年経って世に出た著書『奮起力』でカミングアウトされた、とんでもない豪快伝説を振り返ってみよう。
 

佐々木主浩、懲罰で8回も坊主に…


あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月7日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。