bit

ブレイク前の幻の絶版本「アタシがマツコ・デラックス!」を読んでみた

「決していまが幸せってわけじゃないんです。やっぱり痩せたいと思うし、外見の美しさは重要だと思う。(中略)でも、こうも思えるようになったの。ずいぶん図々しい話だけど、デブで女装なんてしちゃってるアタシを、世の中にカッコイイと言わせればいいんだ、って」

と決意を綴っている。その後、2005年あたりからコメンテーター等を経て、じわじわとスターダムをのし上がっていったのは周知の通り。

知られざる若き日の恋愛遍歴も


なお、テレビなどではあまりふれることのない、マツコ若き日の恋愛遍歴が語られているのも興味深い。

「ゲイの世界では、マッチョがヒエラルキーの上なんです。最近はデブ専が比較的多いのでデブが不自由することはないんですけど……」と断りを入れつつも、「世のデブ専のみなさんって、やっぱグラムおいくら?の世界なわけよ。質より量?」と、脂肪重視で内面を見てもらえない切なさを吐露。

さらに、世のOLのようにソニー、博報堂、TBS、日本航空など、恋人が勤める会社や乗っている車にこだわっていた頃もあったという。中でも旧帝大のアメフト出身、英語力はネイティブ級、都心にマンション所有、愛車はドイツ車というM物産の男とつきあっていたときには、本気で専業主婦(主夫?)になることを考えていたらしい。

「アタシよく解るのよねえ、バカオンナが一流企業に勤めてるオトコと付き合いたがるのって。だって自分に何もないんだもの。本気で打ち込める仕事とか、自慢できる特技とか、センスのいい趣味とか、ひとつでも本物があればいいんだけどね。結局、アタシは自分に自信がなかったのよ。自信持てったって無理よ。身体はこんなだし、学歴はないし、知性も教養もないし、無職なんだから」

あわせて読みたい

  • ブックオフで買い取れない本とは

    ブックオフで買い取れない本とは

  • 匿名ブログ「ブスは人間扱いされない」に大反響! 酷すぎる男の外見至上主義に怒りの声

    匿名ブログ「ブスは人間扱いされない」に大反響! 酷すぎる男の外見至上主義に怒りの声

  • 斬新すぎるブス考察本の世界

    斬新すぎるブス考察本の世界

  • 出版元でも物議醸したタイトルの本

    出版元でも物議醸したタイトルの本

  • コネタの記事をもっと見る 2016年12月31日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース